« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月 アーカイブ

2008年01月02日

今年も岩津天神へ

今年も岩津天神へ

初詣は恒例の岩津天神へ行ってきました。昨年は朝のテレビ番組を観てから出かけたため、大渋滞に巻き込まれ酷い目にあった。その反省から今年は朝の番組が始まる前に出かけ、帰りにファミレスでモーニングを食べて9時少し過ぎに帰宅。今から「のだめ」を観ながらのんびり過ごします。

>> 続きを読む



2008年01月06日

新春のデンパーク2008

新春のデンパーク2008

デンパーク館1F展示ルームには「和!凧だ 新春凧展示会」として伝統的な凧が数多く展示されています。花の大温室フローラルプレイスは「ニューイヤーフラワーショー」をテーマに新春をイメージした飾り付けがされており、花の香りを楽しむついでに写真撮影も楽しめます。水のステージでは日替わりで各種催しがあり、今日は新春を祝う「和太鼓」のステージが観客を楽しませてくれました。

>> 続きを読む



2008年01月07日

新春ドラマスペシャル2008

新春ドラマスペシャル2008

1月2日と3日にまとめて再放送されていて、いっきに観た後のスペシャル版へ突入ということもあってか2倍楽しめた。「第一夜」は千秋が主役の話で「第二夜」は“のだめ”が主役か? 千秋が挑んだコンテンストのエピソードは見応えたっぷり。ライバルのジャンの一言が千秋に“のだめ”の存在を改めて意識させ、期待を持って「第二夜」へ続く。テレビシリーズものの後日談って結構ハズレが多いが「のだめカンタービレ」に関しては大当たりかも。

>> 続きを読む



2008年01月11日

鈴鹿遠征スケジュール2008

鈴鹿遠征スケジュール2008

「E-3」のサーキットデビューは「第21回 モータースポーツファン感謝デー」のスーパーGT合同テストを予定しています。その結果次第で「2008 SUPER GTシリーズ 第1戦 鈴鹿GT300kmレース」にも引き続き投入予定ですが、新型50-200mmを購入すべきなのか悩み中。

>> 続きを読む



2008年01月13日

2008冬ドラマが面白い「ハチミツとクローバー 第一話」

2008冬ドラマが面白い「ハチミツとクローバー 第一話」

美大生の竹本、真山、森田のトリオのバカ騒ぎで始まったドラマであるが、はぐみの登場シーン以降はシンミリとした恋愛ドラマに展開。冒頭の15分間はいらないと思った。仲良し貧乏トリオを説明するために無理やり付けたようなエピソードかもしれないけど、森田は学内ナンバーワンの実力者で彼の作品が300万円で売れたりして本当に貧乏なのか。真山の服装なんかも見てもとても貧乏学生とは思えないし、竹本だけがまあそうかなという雰囲気。

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「あしたの喜多善男 第一話」

2008冬ドラマが面白い「あしたの喜多善男 第一話」

死を決意した喜多善男であるが残された11日間を特にすることもなく過ごそうとしていたところに、偶然出合った矢代平太の絡みにより残された時間で何をしたいのか真剣に考えるようになった喜多善男。特に盛り上がりもなく淡々とストーリーが進むけど何故か気になってしまう、なんとも不思議なドラマです。それにしても、小日向文世さんは悲壮感漂う中年役が似合いますねぇ。

>> 続きを読む



2008年01月14日

2008冬ドラマが面白い「1ポンドの福音 第一話」

2008冬ドラマが面白い「1ポンドの福音 第一話」

根性無しのダメボクサー畑中耕作を演じる亀梨くん、なかなか良かったです。黒木さんも悪くはないのですが、なんというかOVA版のイメージとのギャップが…。2008冬ドラマの中で一番期待している作品ですので、一話で見せてくれたテンションを最後まで維持していってください。

>> 続きを読む



2008年01月19日

2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第一話」

2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第一話」

「悪いことは悪いと言う」正義感溢れ物事をまっすぐ見る斉藤さん、「正しいことがいつも正しいとは限らない」荒波を立たせず今の世の中を平穏無事にすごす三上さん、事なかれ主義で自己主張せず周りに流される真野さん、あなたはどのタイプ?

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第二話」

2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第二話」

第二話の最後に「いらない」の真意が、友達になるために自分を曲げなければいけないのなら友達はいらないと説明されるが、本当の友達というものはお互いに個性を認め合ってこそのものですね。

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「貧乏男子(ボンビーメン) 第一話」

2008冬ドラマが面白い「貧乏男子(ボンビーメン) 第一話」

友たぢが困っていたら自分が借金までして助けてあげる小山だが、後先考えずに借金をしまくる場面は教育上良くないなぁと思った。まるで振ればいくらでも出てくる打出の小槌のように消費者金融のATMを使うとは…

>> 続きを読む



デンパークの蝋梅と野鳥

デンパークの蝋梅と野鳥

今年の梅の開花は早いそうで、もしかしたら蝋梅(ロウバイ)も早いのでしょうか? 例年より1週間早いですが、せっかくの晴天の日曜日となりましたので、蝋梅を撮りにデンパークへ行ってきましたが…

>> 続きを読む



2008年01月20日

2008冬ドラマが面白い「エジソンの母 第一話」

2008冬ドラマが面白い「エジソンの母 第一話」

最近、伊東美咲さんってコメディ路線まっしぐらですが、今回もなかなか面白い展開になりそう。「どうして1+1=2なの?」に対してどのように答えるのか興味津々で観たけど、美浦のゼミの学生がいろんな「1+1」の答えを出した時に、そういえばそうだよなと妙に納得させられた。

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「エジソンの母 第二話」

2008冬ドラマが面白い「エジソンの母 第二話」

今回も突拍子の無い話から始まるが、花房賢人の話に大いに盛り上がり、先生の話はつまらないと主張する生徒たち。先生が教えることに必ずしも子供たちが興味を持つとは限らない典型的な事例でしょうか。たしかに自分たちで発見することが一番楽しいかも。

>> 続きを読む



2008年01月21日

2008冬ドラマが面白い「薔薇のない花屋 第一話」

2008冬ドラマが面白い「薔薇のない花屋 第一話」

冒頭の5分間で汐見英治と一人娘の雫の強い絆がいかに作られたのか物語っていて、この5分ずっとジーンと胸にくるものがありました。ドラマ的には草彅君に合っていそうな“重い”路線ですが、香取君がいかに演じていくのか楽しみです。

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「薔薇のない花屋 第二話」

2008冬ドラマが面白い「薔薇のない花屋 第二話」

第二話の冒頭で汐見英治(香取慎吾)と工藤直哉(松田翔太)の会話を白戸美桜(竹内結子)偶然聞いてしまい勘違いから家を飛び出し、美桜を追う英治。なんかワザとらしい演出だなぁと思ったけど、これってあえてそういう演出だったと後から分かる。計算されつくした演出とはこういうことか。

>> 続きを読む



カメラ雑誌2月号

カメラ雑誌2月号

2007年後半の新製品ラッシュ記事も落ち着いたため、それ目当てで買い漁る必要はないかと思います。月刊誌がどれも「デジタルカメラマガジン」に似てきているのは残念です。

>> 続きを読む



2008年01月27日

2008冬ドラマが面白い「鹿男あをによし 第一話」

2008冬ドラマが面白い「鹿男あをによし 第一話」

妙で変なドラマ。第一話では登場人物たちの自己紹介程度で終わってしまったが、残り5分でようやく「鹿」が登場して小川に何かを命じる。「えっ、これってRPGなの?」と素直に思った。出演者たちの個性でひっぱっていけそうなドラマになる予感。

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「鹿男あをによし 第二話」

2008冬ドラマが面白い「鹿男あをによし 第二話」

展開が全く持って予想がつかない。登場人物たちが妙、話の展開も妙、演出も妙、今冬ドラマの中で一番妙なドラマである。

>> 続きを読む



2008年01月28日

2008冬ドラマが面白い「赤川次郎ミステリー4姉妹探偵団 第一話」

2008冬ドラマが面白い「赤川次郎ミステリー4姉妹探偵団 第一話」

推理モノってブームなのでしょうか。そうだとしても第一話はもう少し丁寧に作って視聴者に次回も観たいと思わせなくちゃダメでしょ。特に推理モノって続けて観てこそ価値があるというもの。正直言ってこのドラマは『4姉妹探偵団』というタイトルに負けています。

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「赤川次郎ミステリー4姉妹探偵団 第二話」

2008冬ドラマが面白い「赤川次郎ミステリー4姉妹探偵団 第二話」

エステで殺人事件が起きたが、遺体が河原で発見されたことで「自殺と断定」という安直な始まり方をした。前回同様に警察は当てにならないものだと世間にアピールしているようなもの。良いんですかね、こんな設定のドラマを作っても。

>> 続きを読む



リメイク版ヤッターマン

リメイク版ヤッターマン

リメイク版ヤッターマンですが、今風のギャグがどうにもなじめません。あの主人公たちの顔が変になるやつ。それと絵がキレイ過ぎるというのも違和感あります。オープニングは…(問題外)

>> 続きを読む



2008年01月30日

2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第三話」

2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第三話」

今話では斉藤さんと関わることが多くなった真野のチグハグ加減が面白いが、エピソード2への伏線にもなっていることに注目。

>> 続きを読む



2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第四話」

2008冬ドラマが面白い「斉藤さん 第四話」

真くんと潤一くんが幼稚園で真実を話すシーンは泣けてきます。真実を話せたことで今回の件は子供たちのトラウマにならずに済んだことでしょう。正直に話す勇気の大切さを教えられたエピソードでした。

>> 続きを読む



About 2008年01月

2008年01月にブログ「新人類世代のオヤジ日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


track feed