メイン >> フォト日記  撮影会  デジカメ遊び  オリンパス  キヤノン  富士フイルム 

油ケ渕花しょうぶまつり2004

朝から雨が大降りの中、花しょうぶまつりの撮影会が開催されるのか心配しましたが、撮影会開始時刻の10時ごろ小雨に変わり一安心。といっても傘がまだ必要な状態で、皆さんカメラを雨から守る工夫に一苦労のようです。しかし、ここぞE-1の本領発揮という場面ですので、私は雨を気にせず安心して撮影に集中できた。撮影開始早々、傘がジャマになり、人もカメラも濡れながらの撮影。カメラは濡れても平気ですがカメラマンにはカッパが必要かも。

撮影機材: OLYMPUS E-1


岩井由希菜さん と 村上真樹美さん


対決 S1IS vs S5000 屋外ポートレート編「花しょうぶまつり」

あいにくの雨空の下でのポートレート対決でしたが、S1ISおよびS5000ともに意外にも良い結果を残してくれました。

いちおう比較対象としてE-1で撮った写真も並べていますが、その差は歴然であり比較する意味すらありません。しかし、“価格”のことも踏まえて比較するならば、5万円そこそこのコンパクト高倍率ズーム機でもここまで撮れるという資料程度にはなるかと思います。E-1+望遠ズーム(50-200mm)+FL-50で35万円、かたや5万円のデジカメ。

さて、S1ISとS5000の対決の勝敗ですが、今回もS5000の勝利としておきます。屋外といっても雨空の下での撮影では、テレ端での撮影で手振れの心配がありますが、そこはISO感度が高いS5000であるゆえになんとかギリギリセーフ。連写モードで撮影すれば2/3以上の成功率でした。S1ISならば手振れに対しては100%安心かといえばそういう訳ではないため、テレ端撮影に関しては引き分け。

という訳で人肌を綺麗に写すS5000が僅差で勝利したとしておきましょう。もし晴天ならばS1ISの優位性が皆無になるため、S5000の圧勝となっていたことでしょう。

撮影機材: OLYMPUS E-1,PowerShot S1IS,FinePix S5000





※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)

一つ前のエントリーは「保険料アップ」です。
次のエントリーは「コンテストは銀塩オンリー?」です。


人気ブログランキングへ  オヤジ日記ブログ
同じカテゴリー内の最新記事10件

About

アクセスランキングリスト 1000PV

過去3か月間の人気記事ランキング

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページアクセスランキングリストもご覧ください。

(ご注意)この日記は“9代目”の「きまぐれ日記」です。テンプレートなども新しく用意したため、過去のMovableTypeに関するエントリーの内容と多少の変更点があります。ご了承ください。

写真館 : 青空写楽
自転車 : ミニベロおやじ
趣味以外の過去の日記
Webサイトの制作と運用など
映画やドラマの感想

閲覧数: 1072


撮影サイクリング用に「OLYMPUS PEN E-PL7」を購入しました。
ロングライド用に「STYLUS TG-850 Tough」を購入しました。
観光サイクリング用に「CANON PowerShot G9X」を購入しました。

月別アーカイブ