メイン >> 自転車  ブロンプトン 

三国山と古虎渓

我が家の恒例行事になっている「半年に一度の『土岐プレミアム・アウトレット』で買物」の日です。私はスポーツ用品を買うだけでオシマイですから、滞在時間は30分もあれば十分すぎます。必然的に午後3時頃まではフリータイムとなるわけで、今回もブロンプトンで周辺をぶらぶらします。10時30分スタートで15時ゴールですから4時間30分でどこを走るのか…

今回はブロンプトンで「三国山」を上ってみることにしました。「三国山往復」では時間が余ってしまうため、まだ走ったことがない区間にある「古虎渓」に立ち寄ってみます。

本日の走行ルート → 20120819三国山と古虎渓

三国山へのルートは思いのほか上りがきつくて、ヒルクライムのスタート前に疲労困憊。昨日の激走の疲れが残っているのか、明らかに体調不良。赤コーラーでエネルギーチャージするもテンション上がらず。

豊田市側からも土岐市側からでも、どこから向っても「三国山ヒルクライム」スタート地点までは上りですので、ヒルクライムの前に疲れてしまいます。

ここが三国山ヒルクライムの東側のスタート地点。うっかり通り過ぎてしまうので要注意。

スタートして数百メートルで「なんじゃこりゃ」という勾配になり、ブロンプトンだとひたすらダンシングとなります。田原坂だとムリに頑張らなければタイムを削ることは不可能ですが、三国山の場合は頑張らなければ上ることすらできません。ここは3速のブロンプトンだと非常にキツイ。ゆっくり上ることが許されないヒルクライム。

ちなみに勾配のグラフはこんな雰囲気。

距離はそれほど長くないとはいえ、ブロンプトンの場合はここも苦行の場となります。

力尽きる前にゴール。今日はギリギリの闘いでした。三国山ヒルクライムTT「19分47秒」。

2010年11月14日のロードで上った時のタイムは「20分43秒」でしたので、「ブロンプトンで走ったほうが速い」ように思えますが、当時は休日に“ただ走るだけ”でトレーニングなどしていなかったため脚力不足そのもの。現在、ロードで上れば17分切りが目安になるような…

西側を下ります。こちらならブロンプトンでもサイクリング気分で上ることは可能ですが、できて当たり前のことをやっても面白くないため、「チャレンジ」が目的なら東側から上りましょう。三国山から高蔵寺まで16kmほど下りが続くので、この辺も東側から上ることによるメリットでもあります。

高蔵寺からは県道15号を走ります。定光寺より先を走ったことがなかったため、しばらくは初走行区間となりますが、走りやすいのか走りにくいのかよく分かりません。たぶん今日は交通量がいつもより少なかったから大丈夫だたのかもしれませんが、少しでも交通量が増えると、自転車はものすごく邪魔な存在になるかもしれません。

ここが「古虎渓か~」というタイミングで「あれ?」という状態。なんとリアタイヤがパンクです。これまた理由がさっぱり分かりません。

「古虎渓」って景色より「心霊スポット」で有名らしいので、ここでパンクしたというのも嫌な気分。肝心の景色は「・・・・・」です。

パンクに加えて景色にガッカリ。この後は蒸し暑い中をひたすら走って「土岐プレミアム・アウトレット」に戻りました。

距離:55.4km
高度上昇値:847m
平均スピード:18.6km/h
所要時間:3時間56分 ※パンク修理含む

※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)

一つ前のエントリーは「ブロンプトンで田原坂TT」です。
次のエントリーは「遠征前に膝を痛めてしまった」です。


同じカテゴリー内の最新記事10件

About

アクセスランキングリスト 1000PV

過去3か月間の人気記事ランキング

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページアクセスランキングリストもご覧ください。

(ご注意)この日記は“9代目”の「きまぐれ日記」です。テンプレートなども新しく用意したため、過去のMovableTypeに関するエントリーの内容と多少の変更点があります。ご了承ください。

写真館 : 青空写楽
自転車 : ミニベロおやじ
趣味以外の過去の日記
Webサイトの制作と運用など
映画やドラマの感想

閲覧数: 1778


撮影サイクリング用に「OLYMPUS PEN E-PL7」を購入しました。
ロングライド用に「STYLUS TG-850 Tough」を購入しました。
観光サイクリング用に「CANON PowerShot G9X」を購入しました。

月別アーカイブ