メイン >> 部屋作り 

アイリスオーヤマの幅30cmのカラーボックス

現物合わせで進めているため、ロードバイクを再び玄関内を置くための改善活動の続きです。

前回はニトリの幅61cmのカラーボックスを設置して、追加でどのくらいの幅の棚を設置できるのか測定したところ約30cmとなりました。扉側には柱があるため、幅61cmのカラーボックスの設置場所が制限されます。よって、追加で設置できるカラーボックスの幅は最大で約30cmとなるわけです。

アイリスオーヤマには“隙間”を活用するためのアイテムがいろいろ用意されているため、たぶんあるだろうと探してみたところ幅30cm、高さ88cm、奥行29cmのカラーボックスが見つかりました。

商品説明によると2個を連結させるパーツが同封されているらしく、縦にも横にも並べることができます。設置済みのカラーボックスと高さを合わせるのならば2個買えば良いのですが、手前側の棚が180cmもあると圧迫感があるため、1個だけにしておきます。できれば120cmがちょうど良いのですが、今回は諦めます。


ということで、改善前の構成がこれです。大量に余っているレターケースを山積みさせていますが、レターケースは奥行きがあるため、手前に少し出っ張ることが気になります。さらにオシャレ感がゼロです。

今回のためにポチッしたもの。
アイリスオーヤマ ラック スペースユニット 幅30×奥行29×高さ88cm ホワイト/ライトメープル UB-9030 (1882円)
アイリスオーヤマ バスケット ベージュ 幅26×奥行26×高さ26cm CBK-26D (745円)


横幅は見事にピッタリです。見た目もかなり良くなりました。問題はこのカラーボックスの天板の上に何を置くのかとなります。

※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)

一つ前のエントリーは「“階段に本棚”の完結編」です。
次のエントリーは「階段にカラーボックスをスッキリ置く」です。


人気ブログランキングへ  オヤジ日記ブログ
同じカテゴリー内の最新記事10件

About

アクセスランキングリスト 1000PV

過去3か月間の人気記事ランキング

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページアクセスランキングリストもご覧ください。

(ご注意)この日記は“9代目”の「きまぐれ日記」です。テンプレートなども新しく用意したため、過去のMovableTypeに関するエントリーの内容と多少の変更点があります。ご了承ください。

写真館 : 青空写楽
自転車 : ミニベロおやじ
趣味以外の過去の日記
Webサイトの制作と運用など
映画やドラマの感想

閲覧数: 232


撮影サイクリング用に「OLYMPUS PEN E-PL7」を購入しました。
ロングライド用に「STYLUS TG-850 Tough」を購入しました。
観光サイクリング用に「CANON PowerShot G9X」を購入しました。

月別アーカイブ