豊田安城サイクリングロード(2)

先週の続きで「豊田安城サイクリングロード」を「丸山公園」から再開するつもりでしたが、地図を見ても「楽しそう」という雰囲気がしません。そこで今回は豊田市中心部をポタリングすることにしました。


本日のスタート地点の「昆森公園」です。ここからしばらく「豊田安城サイクリングロード」を走ります。


平芝公園の入り口。公園内は閑散としてチト寂しいです。ここは梅の時期に訪問するといいかも。


公園を抜けると秋の景色が待っていました。
ここでタイヤの空気を補充しましたが、やはり携帯空気入れではツライです。


安長寺

平芝公園から西山公園に向かって「豊田安城サイクリングロード(枝下緑道自転車道)」を走りましたが、西山公園に出る道がありません。名鉄豊田線をくぐると「枝下緑道自転車道」の案内標識が「ここから未整備区間」となっていたため、ムリにこの先へ向かう必要はないかも。


ということでUターンしましたが、戻るのも悔しいので、すぐ近くにある階段を登ってみたら…「白山神社」でした。ここにはチピッ子相撲(?)の土俵があります。


緑化センター(西山公園)に到着。


ここで休憩タイムを兼ねて花撮影を楽しみました。


「交通公園」に展示されているSL。


豊田大橋を通り「豊田スタジアム」に向かう。


偶然にも今日は「NAGOYA CLASSIC CAR MEETING 2008 in 豊田スタジアム」の開催日でした。ここで休憩を兼ねて15分ほど懐かしの名車たちを拝見。


「いつかはクラウン」の名車も展示されていました。


スタジアム南側の久澄橋


挙母神社に立ち寄ってみましたが、ちょうど「七五三」の時期だっため境内は大混雑。


早々と撤収…

この後、「昆森公園」へ戻りましたが、愛知環状鉄道を越えた辺りから延々と上り坂が続きます。

本日の走行距離は約15kmでしたが、一般道の歩道を走ったり寄り道したりで約2時間30分のポタリングでした。

歩道走行時の一番の心配事は「パンク」です。“ポタリング”目的で使うのならもう少し太いタイヤの方がいいかもと思いましたが、そもそも「ミニベロ16ロード」には重量オーバーかも…(ウエイトハンディ20kg)



関連エントリー