ブルホーンハンドルは良い感じ

昨日は「ミニベロ16ロード改」で約40kmのプチツーリングをしましたが、唯一の不安は「ブルホーンハンドル」の使い勝手でした。

結果としては「かなり良い感じ」でした。これは身長や体格の違いで誰にでも当てはまるものではないと思いますが、私にはドンピシャのポジショニングでとても乗りやすいです。疲労感も減少しているため、以前よりは長距離走行が可能かもしれません。

標準のドロップハンドルのサブブレーキ側を持つと近すぎることに加え不安定で、メインのブレーキレバーを持つと前方に倒れるような錯覚があって怖い。一番乗りやすい位置にはブレーキレバーが無いため、緊急時に困る。

フラットバーにしようすると手前過ぎるためステムまで交換する必要があり、ステムを交換したとしてもフラットバーではポジショニングがイマイチ。

身長170cmくらいの人が「ミニベロ16ロード」に乗る場合はブルホーンハンドルに交換することをお勧めします。

ポジショニング以外のメリットとしては…
・ブレーキを掛けやすい
・お尻をサドルから浮かしてもある程度安定している
・上り坂も多少は楽になる
・シフトチェンジで振らつくことが減った

平地に限れば「ビアンキLupoD」よりも乗りやすくなりました。




関連エントリー