ブロンプトンで輪行してみた

春には本格的な遠征を計画していますが、その前に、ブロンプトンでの走行に慣れることとスムーズに輪行をするためのノウハウ作りのために数回近場で試すことにしました。

その第一弾として「蒲郡~豊川」を雪が降りそうな寒空の下、敢行しました。

走りにくいと感じていたブロンプトンですが、どうやら“走り方”が違うようです。「ミニベロ16ロード」に慣れているため、ついついその感覚を求めてしまっていましたが、ブロンプトンの場合はママチャリの様な乗り方をすればそれほど疲れないようです。“土踏まず”の辺りでペダルを押し付けるように漕ぐ雰囲気。回転じゃなくて踏むような感覚。ゆえに長距離をある程度の速度で巡航するのには向いていない代わりに、短距離をぶらぶらするのなら、それほど疲れないのかもしれません。まあそういう自転車だということかもしれませんね。(ママチャリの乗り方をすれば、踵も当たらなくなりました)

もともと「輪行専用」としてブロンプトンを購入したため、“気合を入れて走行する区間”は電車を使えば良いわけですので…



関連エントリー