大正村と岩村と東濃牧場

シルバーウイーク二日目はチャリンコ倶楽部員S氏と観光ポタです。観光地は「大正村」と「岩村」で、自転車雑誌に「サイクリングにお勧め」と書かれていた「東濃牧場」に立ち寄ります。


今日は“観光ポタ”ですので、完全自走の必要性はなく、道の駅「おばあちゃんの市・山岡」を基点とすることにしました。ポタリング仕様に改造したブルーノミニベロ16とS氏の愛車ダホンメトロです。今日はこの2台で観光ポタのつもりでしたが…


この道の駅はダムに隣接されていて、なかなかの絶景スポットです。日本一の水車が観光客を迎えてくれますが、写真は後ほど。


まずはダムを渡って、しばらく景色が良い道を走ります。そして国道363号で明智を目指しますが、地図を見る限りそれほど大変そうではなかったのですが、自転車で走るとなると、これがまた結構大変でした。いきなりの山越えで、まさに“ツーリング”モード全開、ところがS氏はなんとか付いてきて驚くやら感心するやら、既に自転車で走り回るための体力が付いているようです。


順調に走り続け、35分ほどで大正村に到着です。「大正村」ってテーマパークのような雰囲気ではなく、実は「明智町」そのものを「大正村」として観光地化しているのです。


ということで、町をウロウロすることになりますが、自転車で周れば効率がとても良いです。


施設に入る時間的な余裕がないため、外観だけ観賞しましたが、それだけでも十分に楽しめます。40分ほどで撤収しましたが、徒歩で各施設を見学しながら回ると2時間以上要するかもしれませんね。

さて、次の目的地「岩村町」を目指して走りますが、これがまたアップダウンの繰り返しです。


岩村町のコンビにで休憩です。これにプラスしてサンドイッチで早めの昼食タイム。(実は早めの昼食は大正解でした)


古い町並みを見ながら走って、岩村城跡に到着。ちなみに岩村城跡の手前の坂は“激坂”です。S氏も上りきりましたが、傾斜角でいえば昨日上った本宮山スカイラインと同じです。岩村城跡からの景色は、とても良いですよ。ベンチに座ってのんびり景色を楽しみましょう。


再び古い町並みをのんびり走ります。この瞬間だけは“観光ポタ”の雰囲気。


岩村町は“プチ高山”という雰囲気です。

さて、「サイクリングにお勧め」ということで「東濃牧場」を目指して走りますが、なんと急坂の連続で、まるでヒルクライムのトレーニングコースです。“傾斜10%”の標識を見て、すぐに諦めました。こんなところで体力を使い果たすわけにはいきません。ハイキングモードで「東濃牧場」を目指しますが、なかなか辿り着けません。


今日も随分長く歩いて、もうヘトヘトです。「もう疲れたよ」という雰囲気で記念写真。


「東濃牧場」に到着すると絶景が待っていました。景色を眺めていると疲れが吹っ飛びます。


「東濃牧場」をウロウロしてみましたが、なんか普通の牧場なんですけど………。とガッカリしつつ東へ向かって走ると、休憩所は移転していて、とても綺麗な建物がありました。


さっそく、「牧場といえばソフトクリームでしょ」ということで注文しました。濃厚なミルクのソフトクリーム(300円)はとても美味いです。


そして、今日も五平餅(200円)ですが、三河地区とは味付けが結構違うみたいです。それと大きさも違いますね。こちらは“おやつ”という雰囲気。


どうですかこの景色。まるで北海道みたいでしょ。


「東濃牧場」からのダウンヒルは、リアルジェットコースターというよりは「気分は頭文字D」という雰囲気で、ものすごく楽しめますよ。

後は出発地点に戻るだけですが、ここからも大変でした。国道19号は相変わらず交通量が多くて危険いっぱい。歩道を走りますが、これまた荒れ放題です。


「たけなみ駅」のところで国道19号から離脱して、田舎道をサイクリングモードで走りました。ここだけは間違いなくお勧めです。S氏も今日は田舎道を走ることを想像していたでしょうね。

しかし、瑞浪の町に近づくと再び国道19号を走ることになり、荒れ放題の歩道と格闘することになります。実は、岩村を出発してから既に3時間30分経過しますが、コンビニが1軒もありません。国道19号を離脱して県道20号に入るとコンビニがあって、ようやく休憩タイム。


そして、スタート地点のダムに到着ですが、なんとダムの下に来てしまいました。あれま………。さてさて、どうしたものでしょう。しばらく呆然とダムを眺めていると、どこからか観光客がやってきます。あの人たちはどこから来るんでしょう。ちょっと観光客がいるところに行ってみるとなんと!

エレベータがありました。


はい、もちろん自転車も載せましたよ。ミニベロ16だとサイズがピッタリです。素晴らしい。


道の駅にやってきた観光客がこのエレベータを使ってダムの下まで来ていたんです。自分が置かれた状況に慌てず、冷静に観察することも大切ですね。


で、これが日本一の水車です。S氏、お疲れ様でした。折り畳み自転車で今日のコースを走ったというのはスゴすぎです。今日のコースをブロンプトンで走れといわれても私にはムリです。

本日の走行距離は約74kmでした。



関連エントリー