ブロンプトンのギア比を改めて計算してみた

フロント、リアともにギアを交換しましたので、ここで改めて計算してみました。

タイヤ周長:1300mm
回転数:80rpm

ギア比 9.8 13T 17.3
50T 5.13 3.85 2.89
44T 4.51 3.38 2.54
速度 9.8 13T 17.3
50T 32.0 24.0 18.0
44T 28.2 21.1 15.9
ギア比 11.3 15T 20.0
50T 4.44 3.33 2.51
44T 3.91 2.93 2.21
速度 11.3 15T 20.0
50T 27.7 20.8 15.6
44T 24.4 18.3 13.8

「平地を気合を入れて30km/hで走る」ということができなくなりますが、フロントを44T、リアを15Tにすることで下記のメリットができます。

  • 移動のために22~24km/hで走る場合、トップギアを良い感じに使えます
  • 街並みの景色を楽しみながら15~18km/hでぶらぶらする場合は、ミドルギアを良い感じに使えます
  • 土踏まずで踏み込むように漕げば、ローギアで勾配12%の坂を40rpmで上れます(7km/h前後で)※1
  • 勾配8%までならクルクルと回して上れます(10km/h前後で)※1

(※1:私の脚力の場合です)

分かりやすく対比表にしてみると…

速度の比較 ノーマル ローギア化
3速 32.0km/h 24.4km/h
2速 24.0km/h 18.3km/h
1速 18.0km/h 13.8km/h

トップギアを外してスーパーローギアを装着したようなものですね。

これで「ブロンプトンでヒルクライム」というのも現実的になってきたでしょうか。

続く




関連エントリー