迫力の手筒花火

デンパークサマーナイトフェスの初日のイベント「光と音の響宴」を観てきました。

台風の影響で開催されるのかどうか昼過ぎになっても微妙な状態でしたが、幸運にも夕方頃には風もおさまり、迫力満点の三河手筒花火を観させて頂きました。

もちろん単なる見物ではなく撮影が目的ですので、浮かれた気分で手筒花火を眺めるのではなく、ファインダーの向こうに見える被写体に意識を集中して無我夢中でシャッターを切りました。それはもう初めての被写体に一発勝負で挑むわけですのでいつも以上に難しさを感じました。

撮影機材: OLYMPUS E-20



関連エントリー