デジカメ遊び振り返り 27台め「FinePix F550EXR」

富士フイルム FinePix F550EXR

購入日:2011年6月4日
オープンプライス(実売3.8万円前後)
1/2型 1600万画素 EXR CMOSセンサー
24~360mm相当(F3.5~F5.3)
CCDシフト方式手ブレ補正

自転車旅でも綺麗な写真を撮りたいが小さいデジカメが欲しいという欲求を満たしそうな「FinePix F550EXR」を購入しましたが、いろいろと限界を感じたデジカメでした。


自転車旅に投入する前にあれこれ試してみました。大きく前ボケを使う場合は良いです。


S5ISと同様に「緑と黄」の組み合わせの時は「これはちょっと」というガッカリな写りです。


引きの写真もシャキッとしません。


望遠マクロは優秀です。このデジカメの得意分野が分からないうちに自転車旅に投入です。


やはりヒマワリ畑は苦手なようです。


晴天日の人物撮影も無理っぽいです。


高倍率ズームなのに近接撮影は得意という予定外の仕様です。


相変わらず遠景は苦手。


フレアだけでなく派手なゴーストも出ます。この辺りで次なるデジカメを探し始めます。


撮影メインの旅ではないためRAWモードは使用しませんが、もう少し綺麗に撮れるかなと期待していたのですが…


「DMC-FZ1」「PowerShot S1 IS」「DMC-TZ1」より綺麗に撮れ、「PowerShot S5 IS」よりコンパクトで、「FinePix S5000」に無かった手振れ補正が搭載されているため、多くを求めなければ十分満足するのでしょうが、広角側が素晴らしかった「RICOH GX200」くらいの写りをする高倍率ズーム機が欲しかったわけで…


この西伊豆サイクリングを最後に使うのをやめました。

タグ:



関連エントリー