田んぼと赤い列車

選挙をする必要がないのに選挙をするという税金の無駄使いに腹立たしさを感じながら愛知県知事選の投票に行きました。投票所は閑古鳥が鳴くくらい空いていて「やっぱりな」という雰囲気です。無駄な選挙だからと言って投票所に行かないことは単に行かない理由をつけているだけです。

ウォーキング
休日はインドア生活が続いていますが、外出ついでにウォーキングします。いつものコースですが、タイミングを見て赤い列車をカッシャ。今日はデジカメを持ってきていないためスマホで撮ることができる範疇で楽しみますが、その制約の中でどれだけ撮れるのかも楽しさのひとつです。

スイセン
いつもの公園のスイセンが満開になっていますが、見せるような演出がされているわけではないため面白みに欠けます。せっかく球根を植えるなら、もう少し見せ方を工夫すれば良いのにもったいないことです。誰に見せるために咲かせているのか分かりません。

蝋梅
この公園の蝋梅は例年通り今の時期に満開になりました。

赤い列車
ここから遠くに赤い列車を見ることができますが、こういう場合は望遠レンズを使って蝋梅を前ボケに使いたいです。

名鉄三河線は15分間隔の運行のため、往復をカウントすると1時間で8回もシャッターチャンスがあります。川沿いコースをゆっくり歩いて30分ですので、歩いている最中に少なくても4回もシャッターチャンスがあります。

田んぼと赤い列車
ということで、何か新しい構図は無いものかと探してみたところ、田んぼの水面の反射を見つけました。生憎の曇り空、濁った水という状況ですので、構図の確認程度になりますが、新発見にはなります。

田んぼと赤い列車
角度を変えてもう一枚。

いつもの散歩コースでも新しい構図を見つけることができるかもしれません。

タグ:



関連エントリー