遊び用レンズ「ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95」を購入

ポチッしてから「メーカー取り寄せ品」であることに気が付いて、桜の季節に間に合わなければ「要らなかった」となるところでしたが、なぜか「取り寄せになります」メールが届いた翌日に発送されました。どこかの店舗に在庫があったのでしょうか。


届いた箱は、ぱっと見「日本のメーカー製」のような雰囲気がします。


中箱もあるという丁寧さ。


さらにここまでする必要はないだろうと思えるケースに入ったレンズは「ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95 (マイクロフォーサーズ用) ブラック」です。

シグマの16mmF1.4が41210円、オリンパスの25mmF1.8が32985円、それらに比べると販売価格48150円の「SPEEDMASTER 25mm F0.95」は格安レンズというわけではありませんね。

5万円近いものを「ちょっと試したい」で買うのは躊躇いますが、Yahooショッピングの爆買いのワナにハマるとついついポチッしてしまいます。

今回は、クーポンで2407円引き、ポイントを143使って、支払額は45600円ですが、ポイントが7695付きました。実質37905円なら遊びで使うには少し予算オーバーですが、まっいいかとなります。


左が「ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95」、右が「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」です。「F0.95」という驚異の明るさを持つレンズとは思えないほどコンパクトです。ただし、見た目に騙され重量感はあります。


コンパクトにするための工夫なのか「ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95」(写真右)の後ろ玉は少し出ています。このことで一部の機種には使えません。(OLYMPUS:OM-D E-M5初代、PEN E-PL6、PEN E-PL5、PEN E-PM2は装着不可)


「E-M5 MarkII」のシルバーはクラシカルな雰囲気がするため単焦点レンズが似合います。「SPEEDMASTER 25mm F0.95」を装着しても違和感ありません。

このレンズにはフードが添付されていません。少し調べてみるとフィルターのネジ切りを使うフードがあったので購入しました。


Kenko レンズフード レンズメタルフード LMH43-46 BK 43mm


ETSUMI インナーレンズキャップ 46mm用 ブラック E-6693


このフードは標準レンズ(35mm判換算で50mm)で使うもので取り付けネジ径は40.5mmから82mmまであります。連結可能ですので43mm径のフードの先に46mmのフードを付けることができます。


「SPEEDMASTER 25mm F0.95」に使うと太さは変わらずに全長が伸びるだけですので、見た目は「うーん」です。このフードは付けっぱなしにするため保護フィルターを付けません。


46mm径のレンズキャップをつけるとますます「うーん」になりますね。


さっそく試し撮りですが、「AFのレンズのフォーカスリングを回すとMFに切り替わってAFエリアが拡大表示される」という便利機能が使えなくなるため、どこかのボタンに拡大表示を設定させる必要があります。私は動画機能を使わないため、録画ボタンに「拡大表示」を割り当てました。


最短撮影距離は「25cm」ですので、ここまで寄ることができます。


さて、ボケマスターの実力をみせてもらいましょうか。比較対象の「EF50mm F1.4 USM」の最短撮影距離が「45cm」ですので、テーブルフォトとしては少し遠くからの撮影になります。


EF50mm F1.4 USM
f/1.4 1/80秒 ISO100 +0.7補正


ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95
f/0.95 1/200秒 ISO200 +0.7補正

理論的にはフルサイズ換算で「50mmF1.9」に該当します。ここまでボケるならフルサイズ機は要らないじゃないのかと思えますが、あくまでも「換算50mmなら」という限られた条件です。85mmや135mmでボケマスターを求めるならフルサイズ機になります。


次なる比較対象の「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」も最短撮影距離が「25cm」です。ここまで寄れるならグルメフォトに使えますね。


M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
f/1.8 1/80秒 ISO200 +0.7補正
等倍表示


ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95
f/0.95 1/200秒 ISO200 +0.7補正
等倍表示

「ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95」は「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」より少し画角が狭いようです。


ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95
f/1.8 1/100秒 ISO250 +0.7補正
等倍表示

絞りの目印が「0.95」、「1.4」、「2.0」、「2.8」、「4.0」になっているため厳密に「1.8」になっているのか分かりませんが、ボケ具合を「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」と比較してみると、意外にも「SPEEDMASTER 25mm F0.95」は、なだらかなボケをしています。(そう見えるだけかもしれませんが)

さて屋外ならどのような写りをするのでしょうか。

タグ:




関連エントリー