猫島訪問第一弾「久高島」

「どうせやるならコンプリートしたい」と考えるのは毎度のことですが、旅ネタを探していた時に購入した書籍「島旅×ねこ」に影響されて、何かとセットで「猫島」に行くことにしました。

その第一弾は沖縄県の「久高島」です。

歩き旅のレポートは「おやじの趣味」に掲載しました。
猫と神の島「久高島」を歩く

それとは別に、この「青空写楽」には可愛い猫ちゃんの写真を掲載します。

カシャカシャとストレスなしに猫撮影を楽しむために「EOS 6D MarkII」を使おうかと検討しましたが、高倍率ズームではイマイチ画質が良くありません。どうせならと気合を入れて「CANON EF24-105mm F4L IS II USM」を買ってしまおうかと悩んだこともありましたが、その組み合わせでは重すぎて自転車旅で使う気になりません。

今のところ、便利ズームでも写りが良い「12-100mm F4 PRO」を使うのがベターですが、「E-M5 MarkII + 12-100mm F4 PRO」の組み合わせですら長時間持ち歩くには重すぎます。風景撮りなら小笠原諸島の旅で使った「E-M5 MarkII + 12-40mm F2.8 PRO」がベストですが、問題は「猫撮影の時に望遠側が足りるのか」です。


猫マイスターの岩合さんの猫カレンダーは全て「12-100mm F4 PRO」で撮った写真ですが、岩合さんの猫の写真集をいくつかチェックしてみたところ「12-40mm F2.8 PRO」も使われています。

あくまでも今回は離島の風景撮りとロケ地巡りがメインということもあって「E-M5 MarkII + 12-40mm F2.8 PRO」でイザ勝負。

4月20日

※掲載した写真はトリミング無しでリサイズのみです


f/4、40mm
まさに自由奔放という感じです。


f/4、40mm
「仲間の食事中は周囲を警戒」という雰囲気。これ以上近づくと鋭い眼で睨まれます。


f/4、40mm
この猫ちゃんは“我関せず”で完全無視を決め込んでいます。


f/4、40mm
こちらの猫ちゃんはひたすらマイペース。


f/4、40mm
この後にブロック塀から降りて「何かちょうだい」とまとわりついてきましたが、残念ながらおやつを持ち合わせていません。


f/2.8、40mm
背景にもう少し花があれば良かったのですが、雰囲気を狙ってみました。


f/2.8、36mm
今回のベストショットです。この猫ちゃんの「何かちょうだい」は誰でも癒されます。“おやつ”をあげたくても持っていないので申し訳ないと猫ちゃんに謝るしかないです。


f/2.8、36mm
猫ちゃんたちにはそれぞれ縄張りがあることを示すシーンです。


f/2.8、40mm
先ほど遠くから近づいてきた猫ちゃんですが、他の猫と接近戦で撮影していたこともあって、こちらを非常に警戒しています。


f/2.8、36mm
他の猫ちゃんを撮っていたら目の前を素通りしていきましたが、やはりこちらを覚えているのか「見るんじゃないよ」という冷たい態度。


f/2.8、40mm
誰にも邪魔されることなく集落の道で普通に昼寝しています。


f/2.8、40mm
この猫ちゃんも「おやつをくれなかった」と覚えているのか、この場所から微動だにせずにこちらを見ています。


f/2.8、40mm
餌を取られる気配を感じたのか遠くにいる相手を威嚇する猫ちゃん。

写りが非常に良い「12-40mm F2.8 PRO」は猫ちゃんも綺麗に写してくれます。望遠側が足りるのかという点については、猫島には人に慣れている猫ちゃんも結構多くいるので、標準ズームでも大丈夫でした。

「EOS 6D MarkII + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD」ではこの写りをしないため、「E-M5 MarkII + 12-40mm F2.8 PRO」を使って大正解でした。

タグ: ,



関連エントリー