これも相性なのか

12月上旬に買ったスマートメディアを正月に使ってみたら途中で「メモリーエラー」をおこしてしまった。その後、何度フォーマットからやりなおしても撮影中にエラーになる。それも2枚ともエラーになる。正月あけ、友人にスマートメディアを渡して彼のデジカメで動作確認をしてもらったらカードを認識しなかったらしい。彼曰く「初期不良じゃないか」とのことだったので、これを購入したPCショップへもっていった。

店員に事情を説明してまずは私のデジカメで現象を見せる。次に店頭のデジカメで動作確認してもらうとまったく認識しない。「初期不良」ということで同一製品と交換してもらえることになったが、2枚とも初期不良とはなんちゅう運悪。店員が同一製品を持ってきて「これでよろしいですね」と聞いてくるので私は2~3秒考えこむ。「一度ケチがついた製品は使いたくないので他のメーカーのやつにしてください」と答えると店員はちょっと困惑した顔でベテラン店員に相談しに行った。「我侭かな」と私は思いながら待つこと1分。店員はI社とH社のスマートメディアを持ってきて「どちらがいいですか」と聞くので、ここであることを思い出した。私が今まで買ってきたスマートメディアは全てH社のものだ。ということでH社の製品と交換してもらいました。まあ世の中には目には見えない「相性」なんていうものがあるのでH社の製品にするのが正解でしょう。

心配性な私は駐車場でさっそくスマートメディアのテストを始めた。まずはフォーマット、そしてめいっぱい撮影してまったく問題ないことを確認。これなら大丈夫でしょう。それにしてもスマートメディアに初期不良があるなんて誰も思わないでしょう。ノーブランド品ならまだしも日本の大手メーカー品なんだから。

帰宅して、さっそくテスト撮影したものをPCに取り込もうとしたら、アダプタがスマートメディアを認識してくれません。一瞬焦るが、このアダプタを買った当時は16Mまでしか存在していないので32Mを認識しなくて当たり前か。アダプタもH社のものだからなんとかなるはずと思い、H社のホームページを覗くとアダプタの最新ドライバがあっさり見つかった。これでようやく32Mのスマートメディアが“普通”に使えるようになった。



関連エントリー