「フィルターが外れない!」という場合

「LUMIX G VARIO 12-32mm」にフードをつけるの続きです。


フィルターにフードをねじ込む都合上、このようにレンズから少し離れた位置にフードが来ます。この隙間がどうにも気になってしまいます。

だったらフィルターを使わずにフードをレンズに装着してみよう…


なんと!フィルターとフードが合体してしまい、外れません。大型のプライヤー(ウォーターポンププライヤー)を使ってみましたが、外れません。

さて、どうしたものかと検索してみると、こういう時のための便利アイテムが見つかりました。カメラ屋に持ち込んでも同じようなアイテムを使うようです。


ZEROPORT JAPAN レンズフィルター 簡単取り外し レンズフィルターレンチ 2個セット 口径37-46mm用

さっそく使ってみますが、「口径37-46mm用」で37mmのフィルターを外そうとすると強く押さえることができず空回りします。


そこで眼鏡拭きを滑り止め代わりに使ってみると…


あっさりと取れました。


僅かな段差がありますが、妥協できる見た目です。

ついでにレンズキャップも買い直しました。このフードの前面に58mmのキャップが付きますが、実は49mmも使うこともできるのです。


HAKUBA レンズキャップ レンズプロテクトキャップ 49mm 脱落防止フック付 KA-LCP49

“フック付”がポイントです。


隙間もなくなり、出っ張りも無くなり、見た目が少し良くなりました。

タグ:




関連エントリー