名古屋のイルミネーション2003

今シーズンのイルミネーション撮影のラストを飾るのは今や観光名所(?)となった名古屋駅の「タワーズライト」です。名古屋駅だけではあまりにも寂しすぎるので「オアシス21&名古屋テレビ塔」とのセットにしましたが、「これぞイルミネーション!!」と言えるのは「タワーズライト」の方です。テレビ塔の方はちょっと寂しい感じがしますが、展望台からの眺めはそこそこ良い感じ。

今回も「スノ-クロス」&「ソフトンスペックB」の合わせ技と、「ポートメイトA」を試してみましたが、使い分けがかなり難しいです。「スノ-クロス」を使うことで変な感じになってしまうことも多いので、光源を見極める必要がありそうです。

今シーズンのイルミネーション撮影には計4回挑戦して、イルミネーションらしい写真の撮り方はある程度は身に付きました。来シーズンの課題は「フィルターの使い分け」でしょうか。

簡単にイルミネーションらしい写真の撮り方のまとめ
・少し構図を工夫する(なるべく奥行きをだすような感じに)
・露出補正で明るめに(白トビしないギリギリまで)
・「スノ-クロス」&「ソフトンスペックB」の合わせ技(この場合はアップ狙いで)
・絞りを「F4」「F8」「F16」の3種類撮ってみる

そして一番のポイントは「RAWモードで撮る」です。現像段階で最終的な露出補正をかけ、彩度を「+1」すると良い感じになる可能性が高いため、“一発勝負”のJPGモードではなく“つぶしが利く”RAWモードがイルミネーションには適します。

名古屋地区には他にもいろいろあるみたいですが、来シーズンの楽しみにとっておくことにします。

撮影機材: OLYMPUS E-1



関連エントリー