やって着ましたE-1の相棒「CAMEDIA C-8080 Wide Zoom」

届きました!もちろんE-1の相棒君ですよ~。彼の名は「CAMEDIA C-8080 Wide Zoom」です。

なぜC-8080なのか?

それは「S5000vsS1ISシリーズ」の完結と共にどちらを残すのかいろいろと検討した結果、私の主観的評価が低い方のS1ISを残すことにしたからである。

C-8080とは全然関係ないじゃん!と普通は思うはず。

C-8080に決めるに至る経緯は次の通り。

一台だけ所有するのなら間違いなくS5000でしょうが、各デジカメの役割を考え、機動力が高いS1ISを残すことにしたのである(写真の品質を求めるような場合はE-1を使うのが当然)。この決断のきっかけはC-1で撮った昨年の旅行の写真を見たからという客観的な関連性が無いような所が私らしい。

E-1のサブ機をどれにするのか一ヶ月間くらい真剣に悩んだ。(あまり日記には書いていなかったが、かなり悩んでいた)

*istD、KISSデジタル、D70

例のシグマのレンズと*istDを組み合わせるとスナップ専科カメラになるかなと買う直前までいったが、幸か不幸かamazonでの特売品が売り切れになって思いとどまる。KISSデジタルとの組み合わせもいいなぁと思ったりしましたが、E-1との関係が微妙。

それでA2はどうかなと検討したところ、買うモード95%まで上がり、どこで買うか探す段階まで突入。キタムラの通販でちょうど特売をやっていて、何度もそのページを開くが思いとどまる。

決断できなかった理由としては、今年の年末に発売されるであろうフォーサーズの廉価版を買う可能性が高いため。

E-1とA2を比べた場合に、A2はE-1のサブ機としてはチト微妙な立場。身軽なお出かけのためにs1isを残し、真剣撮影のためにE-1がある。E-1のサブ機はフォーサーズの廉価版にすると決めている。

いろいろと前振りが長くなったが、フォーサーズの廉価版が発売されるまでの“つなぎ”としてのE-1のサブ機として私が選んだのが「C-8080」である。

そう、あくまでもE-1の相棒としての役目を担うのがC-8080なのである。

C-8080WZを手に入れた日にさっそくデンパークへ試写に出かけるが、撮るものがあまりなくガッカリ。帰宅後、猛暑の中、嫌がる愛犬を引き連れ、いつもの場所でパシャリパシャリ。


C8080WZ

E-1

S1IS

S5000

C8080WZ

E-1

S1IS

S5000

C8080WZ

E-1

S1IS

S5000



関連エントリー