サブ機の本命「OLYMPUS E-300」

E-1君の理想的な相棒と成りえる「OLYMPUS E-300」がいよいよ本日発売されます。

9月の製品発表からこの日が来るのを楽しみにしていたが、私としては11月中旬までに発売されて欲しかったというのが本音である。

12月から2月までの期間は真剣に撮るような被写体が無いため、慌てて12月にE-300を購入しても「撮影」に関しては得することがなく、2月まで待ってE-300のボディ単体を購入する方が賢い消費者であるといえるのだが…

E-300で一刻も早く撮影をしたかった為、会社を休んでキタムラの開店時間直後に入店。予約時に支払済みのため、さっさと受け取り、近場の紅葉穴場スポットへ出向く。

つまり、箱から出してもいないE-300を持って撮影地に行ったわけです。

近場の紅葉穴場スポットとは同僚に「結構良い」と教えてもらった「真福寺」である。身近な場所ほど行かないもので「真福寺」には今日初めて行きました。長い階段下の駐車場までは何度か行ったことがあるが、本堂を拝んだのは初めてです。実のところ「上にも駐車場がある」というアドバイスを同僚から貰っていなかったらちょっと躊躇していたかもしれませんが…。

真福寺の駐車場でいそいそとE-300の設定をして、バッテリーはE-1の予備を使い、標準レンズ3本で試し撮りして、だいたいOK。ボタン類の割り振りがE-1と随分違うが、メニューも含めてOLYMPUSらしさは受け継いでいるようでOLYMPUSユーザなら迷うことはないと思う。

説明書を見ることなく全ての撮影完了。

ファーストインプレッションとしては「可も無く、不可も無く」という感じでしょうか。

今回の使用レンズは「ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5」です。これにPLフィルターを装着。

RAWで撮影後、OLYMPUS Studio 1.2 で現像(E-300のためにオンラインバージョンアップ)

真福寺の紅葉

真福寺の紅葉

真福寺の紅葉

岩津天神

岩津天神

撮影機材: OLYMPUS E-300



関連エントリー