カメラメーカー勝ち組み負け組み

カメラメーカー勝ち組み負け組み
今日はのんびりと読書と昼寝の日。
「カメラメーカー勝ち組み負け組み」を読んだ。

カメラの歴史を分かりやすく主観を入れて解説されているので、結構“読み物”として面白い本です。

ただ、私が一番楽しみにしていた「デジタルカメラ」の歴史が第一章で少しだけしか取り扱っていなくてチト残念。



関連エントリー