ミス七夕撮影会2005

今年の「七夕撮影会」は昨年以上にシニアカメラマンさんたちがヒートアップしていて、とてもじっくり撮るような雰囲気ではありません。

例年以上に暑い日々が続く今年は「猛暑との戦い」でもあり、きっと皆さん暑さのせいでイラだっていたのかもしれませんね。私は途中で撮影意欲が減少してきて、ファインダーを覗くよりも周りの雰囲気を眺めている時間の方が長かったような…。

前半戦で「リタイア」を決め、水分補給をするが全然ダメ。こうなったら体内から冷やそうとソフトクリームをほおばっていると、なんと私の背後で後半戦がスタート。うーんこれも何かの縁でしょうか、もう暫く撮影をするか…。

といっても暑くて暑くてもう限界、スタッフの「移動します」の一言で私は今度こそリタイアを決め、「七夕祭り」の景色を何枚か撮影して撤退。が、なんと帰り道で「撮影会」にまた出くわしてしまった。どうしても撮影せざるを得ない日のようです。

「もうちょっと撮ってから帰ろう」と撮影会に立ち寄ると、リタイア続出だったのかカメラマンが1/10程度までに減っていて、ようやくまともに撮らせてもらえた。

今日の撮影機材は「D70s」ですが、もちろん「日中シンクロ」のためです。しかし、「鈴鹿8耐」の時に感じた違和感が今日はより酷く感じた。それはストロボチャージに2~3秒掛かってしまうというものです。6月度の鈴鹿では1秒感覚でシャッターを切れたのに今日は全然ダメ。せっかく貴重な目線を貰ってもシャッターを切れません。

このようなシニアカメラマンたちに囲まれての撮影会だと「一声掛けて目線ゲット」ができないので、シャッターチャンスの撮り逃しは痛すぎです。

撮影機材: Nikon D70s



関連エントリー