名古屋ドリームカーショー2005

D70sを屋内イベントで試す機会の第二弾がようやくやってきた。

前回の「BP名古屋ノスタルジックカーショー2005」は“車しか無い”寂しいイベントだったため、D70sの屋内撮影の能力を発揮しきれなかった。しかし、今回の「名古屋ドリームカーショー2005」は“オネーチャンもいる”華やかなイベントであるため、D70sの実力をチェックするには十分な舞台である。と言っても、昨年の雰囲気からすると“オネーチャン”がそれほど居るとは思えなかったため、COOLPIX8800も持参して、「COOLPIX8800実力テスト」をすることにした。(実はまだやっていなかった事に、つい最近気が付いた)

名古屋ドリームカーショー2005は本日から3日間の開催で、このようなイベントの初日は空いているというのが相場。昨年までは「気合を入れて開場1時間前に現地入り」なんてやっていたが、今回は開場時間ちょっと過ぎに現地入りした。

ところが、なんと入場待ちの行列ができていた。なんでだろ~

行列の中で待つこと10分ほど、ようやくゲートに………なんと今年は入場券と引き換えにリストバンドを付けられた。これが行列の原因でした。

さて、まずは「2号館」をウロウロするが、やっぱり今年もオーチャンがちょっとしかいないか、残念無念。


ササッと10分ほどで周り、「3号館」へ移動すると、おっ今年はなんと大勢いるではないか~。あっちこっちでプチ撮影会もどきの人だかりができています。つまり周りを見渡せばどこに“オネーチャン”がいるのか一目瞭然。昨年とは全然違って賑わっているゾ。

展示車を全然見ずに“オネーチャン”ばかり撮影している人たちというのは、傍から見ればまるで変な集団かもしれませんが、これもひとつの“娯楽”なんだと思えば良いのでは?。入場料1500円(前売り券)で2時間弱楽しめる“娯楽”ですから、映画を観にいくのと大差ありません。

さて「3号館」を12時ごろまでウロウロして得た収穫は、総勢50名のオネーチャンの笑顔です。全て掲載したいところですが、泣く泣くセレクトいたしました。素敵な笑顔と目線をくれた皆さん、ありがとうございました。

※被写体が多かったため、D70sで撮るのが精一杯で、COOLPIX8800の出番はありませんでした。











撮影場所: ポートメッセなごや  撮影機材: NIKON D70s



関連エントリー