東京ドームで野球撮影2006

東京ドームで開催されていた「ファイターズ vs バファローズ」に30Dを持ち込み野球撮影に挑戦。

シャッター速度を稼ぐためにISO1600での撮影だが、高感度でも実用の範囲にあるのは「さすがCANON!」というところか。今回はJPGのLarge/Fineで撮影したが、CFへの書き込みに待たされることは皆無であった。

連写マシーンの「EOS 30D」ならば快適に“スポーツ撮影”も可能だが難点もある。ネット越しでの撮影の場合は、AFがネットに合ってしまう事が多く、シャッターチャンスを逃すことが結構多い。MFでの撮影をしようにも「70-300mmIS」はフルタイムMFができない。そもそもMFをしようにもピントの山が掴めず撮影開始早々にギブアップ。ネットの隙間から被写体を捉えて“置きピン”での撮影である。

撮影機材: CANON EOS 30D


いきなりシンジョウ君がホームラン!


意気揚々と守備位置に向かうシンジョウ君。


ファイターズ、ガンバレ~~~。


中村ノリを忘れていませんか。最近目立たないねぇ。


一番の人気者シンジョウ君。


こんなクロスプレイも撮れちゃう。


キ・ヨ・ハ・ラ!


ヒットで出塁するが汗だくです。スキンヘッドのキヨハラ。


日本ハムの人気マスコット「B・B(ビー・ビー)」

今回はあくまでも“お遊び”みたいなもの。こんなの撮れました程度の写真ですが、とりあえず「スポーツ撮影もOK!」という手応えを掴んだことが収穫である。



関連エントリー