カメラ雑誌3月号

結構長期間購読していた「CAPA」ですが、購入してもパラパラと斜め読みする程度で放置することが多かったため、ついに今回から購入するのをやめました。「デジタルカメラマガジン」「カメラマン」と合わせて定番の3誌全て購読をやめました。前月予告した通り今月からは「フォトテクニックデジタル」だけになりましたが…

本屋へ行くのが随分と遅れた為か、「フォトテクニックデジタル」は既に完売状態であったため出版社から“バックナンバー扱い”で取り寄せました(発行部数が少ないのでしょうか)。“送料”の関係で「デジタルフォトテクニック」の最終号も注文。

「フォトテクニック」は「デジタルフォトテクニック」に吸収合併され「フォトテクニックデジタル」となりましたが、「フォトテクニック」の雰囲気が薄れてしまっているのはとても残念に思います。「フォトテクニック」は“最新情報”を求める読者には受け入れられなかったのかもしれませんが、専門書の内容を小出しに隔月で発刊しているような内容でしたので、永久保存に値する雑誌でした。

「季節ごとの写真撮影テクニック」といっても、毎年同じネタを繰り返すわけにはいかない。しかし、“デジカメ最新情報”を掲載していては他誌との差別化ができない。雑誌というものも、なかなか難しいものです。



関連エントリー