S5IS強化作戦

動画撮影用に購入した「PowerShot S5 IS」ですが、思いのほか実用的な雰囲気がするデジカメです。もう少し出番を増やしたいところですが、手持ちの機材を眺めてみると………E-3を持ち出すには大げさ過ぎる場合にはE-510があるわけで、“あえて”S5ISを使う必要があるのかと悩んでしまいます。(最近は「D70s + VR18-200mm」の出番すらない状態)

S5ISを使ってみて一番面倒なのが“ハレ切り”でしょうか。まあこれはコンデジの宿命ですからS5ISだけの問題ではありませんが、動画撮影中の“ハレ切り”は辛いものがあります。特に鈴鹿サーキットの定番の撮影ポイントでは逆光になることが多く、なんとかしたいものです。

それから「レンズキャップ」が欠陥品だと思えるほどダメすぎです。あまりにも簡単に外れてしまうため、なんとか補強をしようといじくっていたら壊れてしまいました。それも購入したその日のうちに…

今週末、モトクロスの撮影に出かけますが、動画撮影のためS5ISも使用します。ところが現地の状況を知っている人は体感済みかと思いますが、カメラにとっては最悪な環境で、防塵仕様は必須でしょうね。そこでS5ISを砂埃から守る方法を検討してみましたが、ノーマル状態ではとてもムリ。

ということで、こんなものを装着しました。


LAH-DC20(レンズアダプター/フードセット) + 保護フィルター

これにビニール袋をかぶせて固定すればOK。

LAH-DC20を装着したことによる問題は「レンズキャップ」が付かないことでしょうか。



関連エントリー