トヨタ会館でマシン撮影

GW最終日は「E-510 + LEICA D 25mm」を使ってトヨタ会館でマシン撮影をしました。

お気に入りの「LEICA D 25mm」をモーターショーやオートトレンドで使ってみたいと思いつつ、激混みのイベントでの2台体制はチト辛い。それ以降、屋内撮影で試す機会が無く今日に至りましたが、GW最終日に“ちょっとだけ撮影してみたい”を満たす撮影地として選んだのがトヨタ会館です。(滞在時間約25分)

トヨタ会館にはF1マシン(レプリカ)が常時展示されていることと、時期によってはGTマシンも展示されています。(今日は展示されていませんでしたが)

トヨタ会館は知る人ぞ知る“穴場”的な施設なため、特別なイベント日を除けばとても空いていて、のんびり楽しめます。

まずは「TF107」です。

大きい写真

次に超弩級マシン「IS F」です。(価格もスゴイけど)

綺麗なゴールド

LEXUSコーナーには「LS」「IS F」「SC」が展示されています。
(発売間近となった「LF-A」のコンセプトモデルは既に展示されていません)

撮影機材 : OLYMPUS E-510 + LEICA D SUMMILUX 25mm

今回はE-3ではなくE-510を使用していますが、これには理由があります。実は…

「LEICA D 25mm」はE-3よりもE-510の方が相性が良いです。



関連エントリー