ミスかきつばた 2008

毎年恒例の「史跡八橋かきつばたを写す会」に今年も参加しました。

今年の“ミスかきつばた” は、横田まみなさん、齋藤英見さん、川村愛さん、浅野奈緒さんです。

今日は朝から曇り空ですが、雨の心配は無さそうです。撮影会の開始前に市の広報と中日新聞、そしてCATVの撮影がありました。参加したカメラマンさんたちも小さく写っているでしょうね。

この撮影会に2003年から参加していますが、メイン会場のカキツバタの開花が遅れているのは初めてのことです。いつもの撮影スタート場所は開花が遅れているだけではなく、カキツバタそのものの本数が非常に少ないです。そこでということでしょうか、いつもとは違う場所から撮影開始です。

浅野奈緒さんと川村愛さんです。

ここならカキツバタもたくさん咲いていて“絵”になりますね。

川村愛さん

ミスかきつばたグランプリの浅野奈緒さん

コンテスト狙いのカメラマンさんたちはメイン会場で撮影します。

しかし、メイン会場で撮影しているカメラマンの人数は例年よりも参加者が少ないような…

実は、例年なら参加者の1/4~1/3程度がサブ会場に移動してくるのですが、今年は約半数のカメラマンがサブ会場に移動していたのです。

サブ会場がこれほど賑わうのは初めてのことですね。

横田まみなさんと齋藤英見さんです。

カメラマンの多さに緊張気味ですね。

今年はサブ会場のカキツバタもちょうど良い感じに見ごろになっていました。

“花と華”を狙うには良い日でしたね。

笑顔が素敵な齋藤英見さんと着物が似合う横田まみなさん

カキツバタ撮影会らしい雰囲気でしょうか。

今日はカキツバタが満開です。

背景の駐車場を入れないように俯瞰気味に撮ってみましたが、手前のカキツバタの位置がちょっと中途半端になってしまいました。

慣れてきたのでしょうか、二人の目線の送りが合ってきました。

池の反射を狙ってみました。

サンクススマイル

“ミスかきつばた”のお嬢さんたちの頑張りと参加者の皆さんのマナーの良さに助けられ、とても楽しめた“かきつばた撮影会”でした。

今回持参した機材は…
・E-3 + ZD50-200mm + FL-50
・E-1 + ZD14-54mm + FL-36
・E-300 + シグマ魚眼8mm (予備でE-510+ライカD25mm)

激混みの撮影会の場合は、レンズ交換よりもカメラそのものを交換した方が手っ取り早いです。

追記.

“華”だけでなく“花”も撮りました。

今年は開花のタイミングが良かったみたいです。



関連エントリー