2008年のデジカメ道楽物欲編パート2

先月購入した「EC-20」に引き続き今月も物欲パワーが爆発しました。

年始に購入予定を宣言していたものをどのタイミングでどれから買うかということですが、夏の賞与が大ピンチという状況下で道楽なんかしていていいんだろうかと悩みつつもポチッとキタムラ通販で注文…

さて、デジカメ道楽物欲編パート2は「ZD ED 8mm F3.5 Fisheye」です。順番からすると今年はこれを最初に購入するつもりでしたが、なんとなくタイミングを外してしまい今シーズンも見送りかと諦めていましたが、某記事を見てからは「これはデジカメ遊びとして面白そう」と思う日々。

その記事とはこれです。
オリンパスE-420【第4回】広角レンズを探る

さて、届いた今夜はとりあえずピントチェックをしてみました。(ガチピン仕様のE-510を使用して手持ち撮影)

まずは「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye」単体で撮影。

大きいサイズ

次に「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye + EC-14」で撮影。

大きいサイズ

最後に「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye + EC-20」で撮影。

大きいサイズ

被写界深度が深くなるとはいえ、ここまで寄れば背景はボケますね。

ちょっと面倒ですが、ZD8mm単体、ZD8mm+EC-14、ZD8mm+EC-20の3パターンを使えば、「Tokina AT-X 107 DX」のような使い道もあって、なかなか面白い撮影ができそうです。ただ、“デジカメ道楽”でなかったら素直にトキナの魚眼ズームを30DかD70s用に購入した方が良いのでしょうが…

ps.
先日発表された「ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」は2009年の物欲パート1になりそうな予感。



関連エントリー