「DMC-TZ5」で10月のデンパークを撮る

新きみまろズーム「DMC-TZ5」の試し撮り第2弾です。前回は雨&休館日だったため、仕切りなおしで再びデンパークへ出向きましたが、会場時刻30分前なのに既に入場待ちが50人ほど…

さて今日は何かあるのでしょうか。

私が早めに現地入りした理由は「コスモス畑」の撮影のためです。

晴天にコスモスは似合いますね。


あまり注目されていなかったためか話題になりませんでしたが、実は高速連写モードを使うと連写が約6コマ/秒になります。200万画素になってしまいますが、連写が必要な時の切り札にはなります。(写真は連写した中の一枚です)


今シーズンのコスモス畑はどうもイマイチです。全般的にハズレ年でしょうか。

開場時刻になりましたのでデンパークの入場口に向かうと、行列ができていました。改めて行列が何なのか確認すると「KATCH(CATV)」利用者の招待日だったようで、その行列は専用ゲートでした。

午前の早い時間帯なら野鳥を見ることができます。(960x720pixにトリミングにリサイズ)

フローラルプレイスは秋バージョンに模様替えされています。




しかし、相変わらず撮影という雰囲気にはなりませんね。訪問客もじっくり花を観賞という雰囲気ではないようです。

ロマンチックガーデンも秋の気配。


明暗さがある場合はキツイです。ここでは「暗部補正」を使ってみました。

今日の撮影目的は「コルチカム・ザ・ジャイアン」です。



昨日の中日新聞に記事が掲載されていました。ところが植えられているところが「もうちょっと何とかならないのかなぁ」という場所ですので撮影には不向き。(新聞に掲載されている写真の構図は関係者しか撮れません)


1ヵ月後に「ハロウィンカーニバル」が開催されます。


汽車型バス「メルヘン号」にもカボチャの飾りが…

水のステージでは「KATCH感謝祭 ハートフルフェスタ2008」のイベントで一日中盛り上がります。

今日は子供向けに「ヤッターマン ショー」と「ウルトラマンレオ ショー」もあります。

キャラクターショーの進行係りのお姉さん。ここでは「EX光学ズーム」を使ってみました。約300万画素になってしまいますが、結構便利な機能です。

通常のテレ端だとこの大きさです。

「EX光学ズーム」を使うと換算約470mm画角相当になるため“見た目が普通のデジカメ”でも超望遠撮影が可能です。

ヤッターマン1号登場

ヤッターマン2号登場。でもショーの主役はドロンボー一味です。

ヤッターマン大ピンチ!

ヤッターワン登場。(実はステージ前半である伏線を張っています)

決めのポーズ「やった~、やった~、ヤッターマン!!」
この後もドロンボー一味の小話があります。やっぱりヤッターマンの主役はドロンボー一味なんだと思えるショーでした。

“デジカメ遊び”としては動画撮影もしてみました。「TZ5なら、1280×720ピクセルのハイビジョンサイズで、30コマ/秒のなめらかな動画を撮影可能。」の謳い文句通りに綺麗に撮れます。ですが、試してみたかったことは「“超高速連写”の代わりに使えるのか」です。

任意のコマの前後各4コマ計9コマを一枚の写真にしてくれます。

任意のコマを静止画(1920x1080pix)にしてくれます。写真はヤッターワンがジャンプした瞬間の1コマです。

今日は普通の観光客のように見た目が普通のコンデジを使ってみました。花撮影には合焦可能距離の点で難がありますが、「このカメラでできること」を理解して撮ればそれはそれでなんとかなります。単なる記念写真を撮るだけなら余計なことを気にすることもありませんが…

撮影機材 : LUMIX DMC-TZ5



関連エントリー