街並みを歩く「有松」

「地図で歩く名古屋」を見ていたら、わざわざ自転車で周る必要もないような気がしてきたので、まずは近場の「有松」に行ってみることにしました。


まずは「有松・鳴海絞会館」に立ち寄ってみました。


有松絞りの工芸士のおばあちぁん。(撮影の許可を得ています)


展示ルームは「世界の芸術大学生絞り作品展」になっています。(1月13日~2月28日)


豪華な「竹林豹虎図」。これも有松絞りだそうです。


リーズナブルなものから高価なものまでいろいろとありますね。外人さんが興味深そうに見ていました。


メインの観光施設であるはずの「有松山車会館」は、昨年12月に閉館されていました。(残念)



服部家住宅。愛知県の指定文化財だそうです。



竹田家住宅


岡家住宅


小塚家住宅


祇園寺

天満社を参拝することにしました。

踏み切りの向こう側に鳥居が見えます。


結構急な階段に見えますが、そう見えるだけです。


物静かな雰囲気。


残念ながら本宮の門は閉められていました。隙間からお賽銭を入れてお参りしました。


天満社には古い筆を奉納する「筆塚」がありますが、あえてこちらの写真を掲載します。

時間を忘れて街を散策してみました。




ここは有松駅ですが、今日は車で来ました。駐車場は駅裏のショッピングセンターを利用します。2時間まで無料で3000円以上の買い物でさらに1時間無料になります。来たついでに食料品を買って帰宅。

滞在時間1時間30分ほどでしたが、近場にも結構いいところがあるみたいですね。のんびり歩きながら地元の街並みを撮影していくのも面白いかもしれません。

もちろん、このような撮影には「GX200」が大いに役に立ちます。

本日の撮影機材 : RICOH GX200



関連エントリー