名古屋城の桜

暖冬のため今年の桜の開花は早かった割には3月下旬に寒い日が続き、なかなか見頃になってくれません。その点が自然相手の撮影の難しさでもあります。今日は晴天の春日和ですが北風が強く吹いているため、予定を変更して名古屋の街を散策することにしました。

もちろん一番の目的は「名古屋城の桜」です。


お城といえば“城壁の石”。ここからは堀の水とセットで撮れました。


この構図の中に着物のモデルさんがいたら良いのに…


背景に上手く天守閣が入る角度を探しました。


肉眼で見ると結構いい感じでしたが、それを写すのは難しいものです。


堀の鹿さんたち。


平日ですが、定番の観光地ということもあって、観光客が大勢来ています。


まだ7分咲きですが、桜撮影を十分に楽しめます。


大道芸人の“Mr.YU”さん。


「城」をどのように配置するのか…


タンポポを手前に…


ここではアングル探しに時間を掛けてみました。


正午頃には風も弱まり暖かい春日和になってきました。


名古屋城らしく黄金の鯱との記念写真は人気がありそうです。


約2時間30分、のんびり&じっくり桜撮影を堪能できました。

今日の撮影機材
・OLYMPUS E-3 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm



関連エントリー