愛知牧場のヒマワリ2018

昨日の疲れが残っているお盆休み4日目は近場で短距離サイクリングと短時間撮影を楽しみますが、暑い中での真剣撮りは不可能に思えたため、撮影機材は「E-M5 MarkII + 12-100mmPRO」です。


ジテツウ仕様のROMAを使いました。リアのパニアバッグにカメラ用のクッションボックスを収納して撮影機材を運搬しました。背負って走るよりは万が一の時に安全です。撮影データは「f/4 1/1600秒 ISO200 100mm」ですが、換算200mmとはいえ実焦点距離100mmのf4では背景がボケてくれません。


さて、愛知牧場の今年のヒマワリですが、公式サイトの情報によると長期間楽しめるように種まきを工夫しているようで、現在はここが見ごろになっています。


以前は見られなかった光景ですが、“インスタ映え”を狙ってか脚立を使って撮影しているグループ。良い写真が撮れましたか?


今日は非常に多くのハチが飛び回っています。いつものシャッターチャンスをひたすら狙っても代り映えしないため、今日のところは「12-100mmPRO」の実力再確認です。


f/8 1/400秒 ISO200 +0.3補正 100mm


「12-100mmPRO」なら等倍切り出しに耐えられる写りをします。


ヒマワリに止まっている蝶の周りを飛び回る蝶のツーショットを撮りますが、「f8 1/400秒」では飛んでいる蝶がぶれます。「f4 1/1600秒」では被写界深度内に収まってくれないため、ひたすら連写攻撃あるのみです。

高速なSDカードではないため、すぐに連写が遅くなってしまいます。こういう場面に備えて高速タイプに交換しておきます。

走行距離30.5kmという短距離でしたが、帰宅後には眩暈がするほどの暑さでした。



関連エントリー