久しぶりに魚眼レンズで遊ぶ

必要な撮影機材は既に全て揃っているはずなのに最近は「Xマウントで何か面白いものはないかなぁ」と妄想の日々です。

雰囲気重視で色味が良いFUJIFILMのミラーレス機でもっと遊んでみたいという単なる興味本位で、どうせなら超広角レンズや魚眼レンズが良いかなぁと探してみると、マニア向けなのか中華メーカーのMFレンズに面白うそうなものがいくつかあります。

それをポチる前に「ちょっと使いたい時のために」唯一残していた「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye」を久しぶりに使ってみることにしました。

デジカメ遊び第一章の時は「シグマ 魚眼 8mm F4 (マウントアダプター)」を使っていましたが、「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye」を買ったころには撮影に出かける頻度が減ったため、「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye」の使用回数は極わずかです。

試し撮りレポート
魚眼レンズでバラ撮影

2月1日

撮影機材
・OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII ブラック
・ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye


撮影機材はいつもの鞍ヶ池です。


魚眼レンズらしい構図で一枚


「シグマ 魚眼 8mm F4」で花撮影も楽しみましたが、「ED 8mm F3.5 Fisheye」は写りも良いため、もっと活用したいところ。


ピクセル等倍切り出し。「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye」はマイクロフォーサーズではなくフォーサーズのレンズです。


被写体を中央に持ってくれば広角レンズぽく撮れます。


列車内を魚眼レンズで撮るのも定番でしょうか。


オリンパスブルーが強調されます。


花を中央に持ってくれば花撮影にも使えます。

ここまで写るなら「ちょっと使いたい」の役目は「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye」で十分です。

タグ:



関連エントリー