明るい超広角レンズ「SAMYANG サムヤン 12mm F2.0 フジフイルムX用」購入

昨年末から今年の3月までの短い期間で撮影機材を大幅に入れ替えて購入候補は“残り2本”になりました。その2本とは「SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM Sports」と「Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM」です。「70-200mm F2.8」は定番中の定番ですので、「とりあえずラインナップとしては欲しいかな」という「必要だから買う」というわけでもないため、「買ってもこれで何を撮るんだろう」とイメージできないため先送り。「35mm F1.2」は「単焦点レンズはVoigtlanderで揃えたい」という変な拘りのためですが、「SONY FE 35mm F1.8」ですら出番が少ないのに「35mm F1.2」を買っても使う可能性はあるのだろうかと先送り。

先送りしている間に「SIGMA A 70mm F2.8 DG MACRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」「ケンコー ミラーレンズ400mmF8NII」を買いました。専門性が高いレンズなら出番は必ずあるので、無駄な出費ではありません。

6月に入って「さて何買おうかなぁ」と妄想の日々ですが、Yahooショッピングのポイント還元ルールがコロコロ変わって10万円超の“大物”の買い物ができません。ポイントを考慮すると、せいぜい5万円までです。

ということで、何を思ったのか殆ど悩むことなくポチッしたレンズが爆速で届きました。(どこで買うのかは検討しましたが)


SAMYANG サムヤン 12mm F2.0 NCS CS ブラック BK フジフイルムX用

SAMYANGの製品はケンコートキナーが代理店をしていて、その直販サイトがYahooショッピングにもあり、たまたま「新古品」扱いのものが少しだけ安くなっていたのです。MFレンズなら初期不良を除けば壊れる可能性が低いため「新古品」で十分です。

販売価格が32289円で獲得ポイント4868、実質27421円。

マップカメラの「ワンプライス買取!!」の買取金額が13500円になっているので、日本のメーカー品に比べると割が悪いです。といっても、安いレンズですので、1シーズン使って売却しても大損にはなりません。

「七工匠(7artisans)12mm F2.8」を短期間で売却して「Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III VM」を購入したのに、全く同じ焦点距離のレンズを買うなんて、正直言って「何やってんだか」です。物欲が暴走したわけではなく少しくらいは真っ当な理由はありますが、それは実際にその機会があってからとなります。


レンズを収納する袋が添付されています。標準ズームが基本で、ちょっと使うために「12mm F2.0」も持っていくことを想定している場合に、このような袋があることは助かります。


左が「Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III VM + マウントアダプター」、右が「SAMYANG 12mm F2.0」です。マウントアダプターを含めると全長は同じくらいです。


「F5.6」と「F2.0」ですので、太さは結構違います。


「12mm F5.6」は高額なレンズですので、レンズそのものに高級感もあって、「X-T20 + 12mm F5.6」の見た目のバランスはとても良いです。


「12mm F2.0」は価格なりの安っぽい作りです。この辺は「七工匠(7artisans)12mm F2.8」と似たようなものです。廉価品なら見た目にコストを掛けずに中身で勝負なら問題ありません。


さっそく試し撮り。撮影距離を「12mm F2.0」に合わせるため、先に「12mm F2.0」で撮ります。


「SAMYANG 12mm F2.0」の絞りf/2.0。意外にも背景がボケて、写りも悪くありません。


ピクセル等倍切り出し。このレンズは絞り開放から使えます。


絞りf/5.6。


ピクセル等倍切り出し。


「Voigtlander 12mm F5.6」の絞りf/5.6。


ピクセル等倍切り出し。近接撮影に関しては両者に性能差は感じられません。


近接撮影で妙なモヤモヤが出るレンズが結構多いので、白いものを撮ってみます。


絞りf/2.0。


ピクセル等倍切り出し。マクロレンズでは無く、3万円弱の超広角レンズですが、ハッキリクッキリ写ります。

今日はここまで。

「SAMYANG サムヤン 12mm F2.0 フジフイルムX用」をポチッした最大の決め手は明確で、Xマウントのレンズでは唯一の選択肢であることが分かったためポチッしたのです。その撮影ジャンルに拘る必要がなければ約1万円安い「七工匠(7artisans)12mm F2.8」がコストパフォーマンスが良いと思います。

タグ: ,



関連エントリー