「G1X MarkII」と「G3X」に差があるのか撮り比べてみる

1.5型センサーの「PowerShot G1 X Mark II」と1型センサー「PowerShot G3 X」をセンサーサイズだけで判断すれば、「G1 X Mark II が良いに決まっている」と思いたいのですが、先日のヒマワリ撮影で2台併用した限りでは「G1 X Mark II」の優位性は感じられませんでした。特に「G1 X Mark II」は開放絞りが使えないため、一段絞ると「ボケ量」は「G3 X」の開放絞りと同じです。使い勝手の面からすると、常に開放絞りで撮れば良い「G3 X」の方が有利です。

マイクロフォーサーズより少しセンサーが大きいわりに画素数が少ないので、もしかしたら結構いけるのではと期待した「G1 X Mark II」ですが、「G3 X」が思いのほか良い感じのため、「G1 X Mark II」が微妙に思えてきました。

8月1日

RAW現像


PowerShot G1 X Mark II


PowerShot G3 X


PowerShot G1 X Mark II


PowerShot G3 X

ぱっと見だとどちらで撮ったのか分かりません。そこで改めて「G1X MarkII」と「G3X」に写りの差があるのか確かめます。

8月2日

RAW現像だとますます違いが分かりにくくなるため、JPEG撮って出しです。WBは「太陽光」にしてあります。


PowerShot G1 X Mark II f/5.6,1/640秒,ISO100,換算24mm相当


PowerShot G3 X f/4,1/2000秒,ISO125,換算24mm相当


PowerShot G1 X Mark II ピクセル等倍切り出し。


PowerShot G3 X ピクセル等倍切り出し。

ワイド端では違いが分かりません。


PowerShot G1 X Mark II f/8,1/200秒,ISO100,換算120mm相当


PowerShot G3 X f/5.6,1/640秒,ISO125,換算105mm相当


PowerShot G1 X Mark II ピクセル等倍切り出し。


PowerShot G3 X ピクセル等倍切り出し。

微妙は違いですが、一段絞った効果なのか「G1 X Mark II」はシャキッとしています。


PowerShot G1 X Mark II f/4,1/800秒,ISO100,換算24mm相当


PowerShot G3 X f/2.8,1/2000秒,ISO125,換算24mm相当

ここではWBはどちらも「太陽光」にしてあるにも関わらず、「G1 X Mark II」は暖色系、「G3 X」は寒色系に転びます。


PowerShot G1 X Mark II f/5.6,1/250秒,ISO100,換算24mm相当


PowerShot G3 X f/2.8,1/1250秒,ISO125,換算24mm相当


PowerShot G1 X Mark II ピクセル等倍切り出し。


PowerShot G3 X ピクセル等倍切り出し。

ここでもワイド端では違いが分かりません。


PowerShot G1 X Mark II f/8,1/250秒,ISO400,換算120mm相当


PowerShot G3 X f/5.6,1/800秒,ISO400,換算115mm相当


PowerShot G1 X Mark II ピクセル等倍切り出し。


PowerShot G3 X ピクセル等倍切り出し。

ようやく「1.5型センサーなのに画素数が少ない」の優位性がでました。1型センサーの「G3 X」はISO感度400で既にベタッとしてきますが、1.5型センサーの「G1 X Mark II」には余裕があります。


PowerShot G1 X Mark II f/4,1/1600秒,ISO125,換算24mm相当


PowerShot G3 X f/2.8,1/2000秒,ISO125,換算24mm相当

ここではISO感度を合わせてみましたが、「G1 X Mark II」が暗めに写っているわけでは無く、「G3 X」のシャッター速度の上限が1/2000秒のため露出オーバーになっています。ここでも「G1 X Mark II」は暖色系に転んでいます。


PowerShot G1 X Mark II f/8,1/200秒,ISO125,換算120mm相当


PowerShot G3 X f/5.6,1/250秒,ISO125,露出補正-1.0,換算115mm相当


PowerShot G1 X Mark II 横幅を2000pxに縮小後に切り出し。


PowerShot G3 X 横幅を2000pxに縮小後に切り出し。

PCの壁紙サイズにリサイズしてしまえば、違いが全く分からなくなります。


PowerShot G1 X Mark II f/4,1/320秒,ISO125,換算24mm相当


PowerShot G3 X f/5,1/250秒,ISO125,換算82mm相当

「花をどこまでアップで撮ることができるのか」という比較です。「G3 X」ならそこそこ寄れるため、通常の範囲内での花撮影を楽しめます。

最後に「G3 X」の換算600mm相当で撮ったものからいくつか抜粋しました。

「G3 X」のISO感度を125固定でいけるなら「G1 X Mark II」との大きな差はなく、換算24mm相当から600mm相当まで使えるというメリットは大きいです。「G1 X Mark II」の誤算は開放絞りが使えないことです。もし使えていたのなら「G1 X Mark II」の稼働率は高いかもしれません。

タグ: ,



関連エントリー