再び中華レンズ「七工匠 (しちこうしょう) 7Artisans 35mm F1.2」を購入

「X-T20」の時に使った1万円未満で購入できる「七工匠 (しちこうしょう) 7Artisans 25mm F1.8」が予想に反して写りが良かったため、「X-E3」に使うために再度買おうかと思いましたが、あくまでも遊びですので同じものを買っても面白くありません。

そこで「七工匠 (しちこうしょう) 7Artisans 35mm F1.2」に狙いを定めましたが、どうせなら“シルバー”が欲しいと思ってもなぜか中古で見つかりません。新品だと2万円超のため、ちょっと試すには躊躇います。どうしようかなと少し悩みながらAmazonで探すと、日本の代理店を通していないものなら5000円安いようで即ポチッ。代理店を通したものは日本向けの検品がされているらしいので、5000円の差は初期保証費みたいなものです。

ポチッしてすぐに届いたため、実は「フジノンレンズ XF18mmF2 R」と同日到着でした。

9月19日


七工匠 (しちこうしょう) 7Artisans 35mm F1.2

おまけがポーチとレンズ拭きです。適当に選んだシルバーのフードは別注です。


箱の中身はレンズ、レンズキャップ、収納袋、説明書です。


余計なものが無いMFのレンズはシンプルで良いですね。妙にワクワクしてきます。


「X-E3」とのバランスがとても良いです。「X-E3」にはこのくらいの大きさのレンズが似合います。


中華レンズは逆光には弱そうなため、やはりフードが必要かもしれませんが…


フードを付けるといきなり見た目のバランスが悪くなります。


レンズキャップは大量に買いそろえてあるので、どれかは使えるはず。


うーん、さらに見た目のバランスが悪い。悩みます。


フィルター径は43mmですので、以前少しだけ使ったフードが使えましたが、これも微妙。似合うフードを見つけるのに苦労しそうです。


絞りも手動ですので、開放なら開放らしく。


絞れば絞り羽が9枚。


シルバーのレンズにはシルバーのフィルターを選択。


見た目に拘るならフード無しが良さそうですが、実写次第でしょうか。


液晶保護フィルムを購入。


純正レンズは寄れないものが多く、花と対峙すると「もう少し寄りたい」と思うことが結構ありますが、「七工匠」のレンズは寄れます。


ピクセル等倍切り出し。新品価格で15000円程度のレンズでもここまで写ります。

安いレンズでも写りをある程度は求めるなら「七工匠」のレンズはお勧めです。FUJIFILMのミラーレス機を中古で安く買って「七工匠」と組み合わせれば、写真撮影を趣味にしていこうという時の“最初の一歩”としては格安で楽しめます。機材に頼ることはできないので、勉強になるかと思います。

今日はここまで。

追記.

9月27日


どうにもこうにも見た目に納得できません。フードを外せばいいだけですが、実はレンズフィルターを付けるとレンズに添付されているキャップが使えません。


そこで、八仙堂のかぶせ式レンズキャップを購入。


43mm径のフィルターに合うのは外径45~46mm用のレンズキャップです。


実は「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.」とお揃いです。

八仙堂のフードとキャップは作りが良いので結構お気に入りです。

タグ:



関連エントリー