「FUJINON XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」試し撮り

あえて購入した「FUJINON XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」をさっそく試してみます。

9月27日

RAW現像

フィルムシミュレーション:PROVIA(スタンダード)
ホワイトバランス:AUTO


f/5.6 , ISO100 , 15mm

撮影場所はいつもの鞍ヶ池公園です。


f/5.6 , ISO100 , 15mm


ピクセル等倍切り出し。

安いズームレンズらしく遠景だと解像感が不足します。


f/5.6 , ISO100 , 45mm


ピクセル等倍切り出し。

テレ端も同様。


f/5.6 , ISO100 , 45mm


ピクセル等倍切り出し。

中央部分でもちょっと残念。


f/5.6 , ISO100 , 45mm

AFでもピントはキッチリ合います。


f/5.6 , ISO100 , 15mm


ピクセル等倍切り出し。

ワイド端で少し離れた場所の馬を狙ってみると、以外にも写りますが…


f/5.6 , ISO100 , 45mm


ピクセル等倍切り出し。

テレ端はかなり残念。


f/5.6 , ISO100 , 15mm


f/5.6 , ISO100 , 45mm


ピクセル等倍切り出し。

「XC15-45mmF3.5-5.6」でもMFで合わせやすいです。


f/5.6 , ISO100 , 43mm

AFでは金網にピントがきてしまうためMFで合わせます。


f/6.4 , ISO100 , 45mm

テレ端でも近くの被写体なら結構良い写りをします。


f/6.4 , ISO100 , 15mm

近くの被写体をワイド端で狙うなら全く問題ありません。


f/6.4 , ISO100 , 15mm

白い馬を撮るならRAW現像で露出を微調整すれば、だいたいOK。

今日はここまで。

タグ:



関連エントリー