「DSC-RX10M4」の実力を風景撮りで確認

早朝の散歩撮影で「DSC-RX10M4」の初期チェック完了。引き続きいつもの鞍ヶ池で写りを確認。

11月1日


クリエイティブスタイルをクリアにすると飽和しやすい「赤」を綺麗に描写します。


f/2.5,1/2500秒,ISO100,9mm (+0.3補正 ビビッド)


ピクセル等倍切り出し。

1型センサーで2000万画素もあるためピクセル等倍の解像度を求めるのは酷ですが、それでもレンズが良いのか結構写るものです。


f/3.5,1/640秒,ISO100,29mm(換算79mm相当) (ビビッド)


ピクセル等倍切り出し。


f/4,1/1000秒,ISO100,220mm (ビビッド)


f/4,1/800秒,ISO100,45mm (クリア)


f/4,1/640秒,ISO100,220mm (-0.3補正,風景)


50%リサイズ後トリミング。


f/2.4,1/500秒,ISO100,9mm (+0.3補正,風景)


50%リサイズ後トリミング。

RX100M3同様にワイド端の写りはとても良いです。


f/2.5,1/2000秒,ISO100,9mm (風景)


ピクセル等倍切り出し。


f/4,1/640秒,ISO100,213mm (ビビッド,50%トリミング)


f/4,1/250秒,ISO100,206mm (風景)

こちらに向かってくる馬にピントがキッチリ合っています。


f/2.4,1/3200秒,ISO100,9mm (+0.3補正,クリア)

相変わらず青空はマゼンタ寄りに転びます。


f/4,1/250秒,ISO100,220mm (風景)


ピクセル等倍切り出し。


f/4,1/500秒,ISO100,220mm (クリア)


f/4,1/320秒,ISO100,220mm (風景)

動物瞳AFがガッツリ効くので猫島巡りにα7IIIを持ち歩く必要がなくなりそうです。


f/4,1/320秒,ISO100,102mm (風景)

ここでも動物瞳AFが効きますが、顔の向きによっては効かないこともありますが、AFが速いためなんとかなります。

レンズが大きいだけあって、望遠側も結構良い写りをします。

タグ:



関連エントリー