夕方と早朝の蓮田

午前の部のデンパークに引き続き、雨が降り続く中、夕方近くに近所の蓮田の撮影に出かけました。(こんな近くに蓮田があるとは…)

名鉄三河線の竹村駅の西側の道路をひたすら歩いていくと、田んぼに囲まれた場所に突然“大量のハス”が見えてきます。


これは、たしかに“蓮池”ではなく“蓮田”ですね。見たまんまのレンコン畑です。


これがレンコンになるんですね。


頭が重いのか折れ曲がったものが多いです。花弁が落ちると元に戻るのでしょうか。


雨の中でも綺麗に開いている一輪。


400mm画角でも足りないためトリミングしてみました。(2000x1500pix後にリサイズ)


なぜかコスモスが咲いています。最近いろんなところでコスモスを見かけますが、近年季節感が崩れているからでしょうか。


名鉄電車を背景に記念写真。

ハスの花は午後には閉じてしまうため、やはり午前の早い時間帯が勝負ですね。

ということで、翌日の早朝に再び訪問しました。6時20分撮影スタートですが、既に年輩のカメラマンさんたちが数名来ていました。(皆さん早起きですね)


若干角度が違いますが、一枚上のカットと同じハスです。一晩でこんなになってしまうものなのでしょうか。


光がキラキラして綺麗です。


この時間帯は包み込むように咲いています。ちょっと覗き込んでみました。


鮮やかな赤みのハスの花が一輪だけ咲いていました。


時間の経過と共に日差しが強くなってきました。


撮影をしていると、時々「バサッ」と大きな音がします。何かと思ったら、花弁が雪崩落ちるように、「バサッ」と落ちてしまうようです。


しばらく観察していると、ハスの花が少しずつ開いていくのが分かります。


いつまでも眺めていたいのですが今日は時間との戦いです。


背景にMyアルテッツァ。


コスモスを撮るのならば晴天日が良いですよね。


このように撮っている間にも開いていきます。もっともっと眺めていたいのですが、出勤時間が迫るため、これにて撤収です。

本日の撮影機材
・OLYMPUS E-3
・ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
・ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5



関連エントリー