今年は妙に季節感が薄れます(花ポタ)

「ブロンプトンの旅」を除けば休日の過ごし方は「運動を兼ねて午前中だけ近場をぶらぶら」になっています。しかしながら、正午近くになると目眩がするほどの蒸し暑さを感じるため、「今日はこんな感じで」と決めてスタートしても「まっいいか」と走りながらショートコースで帰宅してしまうことが続きます。

昨日も予定の半分で切り上げて、「とりあえず最低限の運動量はクリア」でした。今日は朝一で散髪してから昼食までの限られた時間ですので、走りメインよりは「花」を目的に近場を走ります。

まずは、豊田市の「西山公園」です。この公園では1年中何かしらの花を楽しむことができます。天気が良ければ家族連れがのんびりしているのですが、雨上がりで不安定な空模様ということもあってか、家族連れどころか私以外に誰もいません。


バラの時期は随分前に終わっていますが、公園入口付近のバラはまだ咲いています。奥のバラ園も覗いてみましたが、いろんな品種がちらほら残っているため、このまま秋バラにバトンタッチしそうです。


バラ園の奥に進むと、なんと紫陽花が咲いています。ことしの紫陽花はしぶといですね。


一番奥のハス田はちょっと残念な雰囲気です。もともと見せるための演出はされていないため、ここの存在すら知られていないかもしれません。


これは昨日「伊賀八幡宮」で撮った一枚です。写真を見るだけで暑さを感じます。


ついでに「大樹寺」のユリの花です。夏のユリの花は「ただ咲いているだけ」という感じですね。6月の「ササユリ」は撮るのが楽しくなる美しがありますが。


岡崎市の「奥殿陣屋」です。ここのバラ園もちらほらバラがまだ咲いています。外の休耕田に何の種を蒔くのか楽しみにしていますが、ことしはヒマワリのようです。


高さが揃っていなくて雑然としているため、複数の品種の種を蒔いたのかもしれません。


隣のコスモスが既に咲いています。

それぞれ、5月、6月、7月、8月、9月に見ることができる花を、まとめて見ることができてしまうと、妙に季節感が薄れますね。もしかしたら「この期間だけ見ることができる」というのは、その時期に咲くように種を蒔いて、開花した後に見ごろのピークを過ぎればさっさと刈り取ってしまうのかもしれません。



関連エントリー