なばなの里のチューリップ2003

今日は完全休養日にしてホームページのメンテナンスをする予定をしていましたが、昨夜、妻が唐突に「なばなの里へ行ってみたら。良いらしいよ。」と珍しく提案をしてきたので、体調はイマイチでしたが「なばなの里」へ行ってきました。

一般ピープルが大勢押しかけるだろうと予感したので、開門直後に入場するのが正解でしょということで8時30分頃に自宅を出発。最近道路が整備されたこともあり40分程度で現地へ到着。昔なら1時間30分以上掛かっていたハズですので、便利なったものです。

入場料1000円のハズなのに「チューリップ祭り特別入場券」ということで1500円になっている。季節によって入場料を変えるとは商売上手なことで‥

もともと1000円の入場料には場内で使えるクーポン券が1000円分ついてくるので、今回は実質「チューリップ祭り」に500円払ったということになる。

内容の方ですが、実質500円は安いと思います。単純に見学するだけでも十分満足するでしょうし、撮影が目的の私には「これで500円は安すぎる」と大満足です。花を撮る練習には最適な場所です。2時間30分ほど撮影していましたが、さすがに正午近くになると大混雑状態。まだまだ撮影をしたかったが、今日は妻と娘も同行していて「まだ~?」と何度も催促の電話が鳴る。そうです、入場早々に別行動をしていたのです。撮影に興味が無い人といっしょに行動していては落ち着いて撮影ができません。それを妻も知っているので入場早々に「何時に待ち合わせる?」となったわけです。

正午過ぎ、どこかで「昼食を‥」と探すがどこもいっぱい。「花より団子」という人が多いんじゃないの?

クーポン券が無駄になってしまうので、しょうもない土産を買って退散。

駐車場を出ると「あらま、大渋滞しているよ」。今から「なばなの里」に入場する車で長蛇の列ができている。いやはやご苦労様、もっと早くこなきゃダメだよ~。行き帰りとも渋滞することなく帰宅する私はちょっといい気分。

撮影機材: OLYMPUS E-20

大きい写真は削除しました。



関連エントリー