PROレンズのために「E-M5 MarkII」を購入

自転車旅の第二章では「たくさん走る」をやめて「ロケ地巡り」や「撮影旅行」の割合を増やします。そのための撮影機材をあれやこれやと検討して、「E-PL7」を活用するために「12-100mmPRO」を購入しました。地元を自転車でぶらぶらしながら「E-PL7 + 12-100mmPRO」を数回試してみましたが、なぜかしっくりしません。もともとPROシリーズはE-M1で使ってこそ活かせるレンズですが「撮影機材はレンズが命」ですので、レンズがボディを上回っていてもいいはずですが、今回ばかりはそうはいかないようです。

「真剣に撮ることはない」ということで「スナップ用途の機材」を残して撮影機材を超断捨離したわけですが、「撮影旅行」のために買ってしまった「12-100mmPRO」を活かすためにはそれ相応のボディが必要です。デジカメ遊びがメインだった10年前までなら迷うことなく「E-M1 MarkII」を買ってしまいますが、「E-M1 MarkII」を撮影旅行で使うには大げさすぎます。

となると選択肢は「E-M5 MarkII」となります。実は撮影旅行の機材を検討していた時に「E-M5 MarkII」を候補に挙げていましたが、「E-M5 MarkIII」が年内に発売されそうな気配がある中、いまさら「E-M5 MarkII」というのはどうかなと見送って「12-100mmPRO」を購入しました。「12-100mmPRO」のために「E-M5 MarkII」が必要になるとは「なんだかなぁ」です。

「なんだかなぁ」と思いながら「E-M5 MarkII」の価格を調べてみると、モデルチェンジ間近ということもあってか超激安になっています。この価格なら悩むことなくポチッです。


ポチッした翌日に激早で届きました。
67,600円 5%offクーポン ポイント6760
もらえるポイント分を支払い時点で使うようにしているので支払額は57460円なり。
「E-M5 MarkII」が57460円ですから、まさに超激安です。


さっそく開封。娘が使っている「E-M5 MarkII」はシルバーですが私はブラックにしました。


「E-PL7」、「E-M5 MarkII」、「E-3」を並べてみました。


後ろ姿を見ると大きさの違いが分かります。「E-3」を二回り小さくしたのが「E-M5 MarkII」という雰囲気。


レンズは左から「14-150mm」、「12-100mmPRO」、「ライカD 14-150mm」ですが、「12-100mmPRO」は全長が長いです。「ライカD 14-150mm」は太いです。


ボディだけ並べてみると「E-PL7」と「E-M5 MarkII」の大きさはあまり変わりません。


「E-3 + ライカD 14-150mm」のように「E-M5 MarkII + 12-100mmPRO」でもレンズ側の手振れ補正がファインダーを覗いて分かります。


都合よく人間ドックのために会社を休んだため、午後から少し撮影してみました。今年は花菖蒲も開花が早そうです。


久しぶりに撮影が楽しくなってきました。


紫陽花もすでに咲いています。


ようやく「12-100mmPRO」の威力発揮という感じでしょうか。


お馬さんのまつ毛もキッチリ描写しています。


ミラーレスといえど、ファインダーを覗いての撮影はやはり良いものです。これを使ってしまうとE-PL7の外付けEVFは使う気になりません。


久しぶりのミーアキャット。プレーリードッグやミーアキャットを眺めていると楽しいです。


カメラを向けられると動きがぎこちないミーアキャット。

たぶんデジカメ遊びがメインになることはありませんが、撮影旅行で満足いく写真を撮ることができる機材が揃いました。

タグ:



関連エントリー