安城デンパークで「LUMIX G 14mm F2.5 II ASPH.」試し撮り

見るからに蒸し暑い中をROMAで安城デンパークへ向かいます。パニアバッグの右側にクッションボックスに収納したカメラボディ、左側にカメラバッグに収納したレンズ7本。撮影機材の運搬の問題はこれで解決です。小型の三脚も運搬できそうです。

安城デンパークにいつの間にか「ゲゲゲの鬼太郎ショップ」ができていました。調べてみると「6月16日~9月2日」の期間限定らしいので鬼太郎ファンは急ぎましょう。

あいにく花不足の時期ですのでフローラルプレイスでの撮影がメインになります。暑い中、いちおう園内をぐるっと周りましたが収穫はありません。


f/2.5 1/80秒 ISO200


f/2.5 1/250秒 ISO200

焦点距離14mmでも被写体が近ければ背景をぼかすことはできます。もう少しぼけて欲しいところですが、開放絞りが2.5ですので仕方ありません。あくまでも携帯性最優先のレンズですから。


f/2.5 1/5000秒 ISO200

屋外でも絞りを開けても全く問題ありません。このレンズは開放から使えます。

E-PL7のシャッター速度「1/4000~60秒」、E-M5 MarkIIのシャッター速度「1/8000~60秒」という違いがあるため、屋外で絞りを開けたければE-M5 MarkIIが必要になります。


f/2.5 1/5000秒 ISO200

ピントの精度も良いようです。


f/4 1/2000秒 ISO200

青空も全く問題ありません。これなら「スナップシューターレンズ」の役目を果たしてくれそうです。


f/4 1/80秒 ISO200 -0.3補正

久しぶりに対決シリーズものをやってみました
パンケーキレンズを撮り比べ
LUMIX G 14mm F2.5 II ASPH.
LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

タグ:




関連エントリー