絵解きで野鳥が識別できる本 (BIRDER SPECIAL)

野鳥の識別は“間違い探し”みたいなもので、野鳥の本に載っている写真と見比べてもイマイチ良くわからないことが多いです。写真だけでなくイラストでも解説しているWebサイトもありますが、該当しそうな野鳥を探し出すのも一苦労。さらに比較できるようなページ構成になっていないので、「これかも」と思い込んでしまうこともしばしばあります。

もっと初心者に親切な書籍はないものかと探してみると、超ニッチな書籍なのか新品は流通していなくて、さらに中古でも高額です。プレミアム価格になっていなくて新品価格と殆ど変わらない中古本をポチッ。


絵解きで野鳥が識別できる本 (BIRDER SPECIAL)

用途は書籍タイトルそのものです。こまかい特徴から野鳥を識別するために役に立つ書籍です。


意外なところにも凝っています。


反対から開こうとすると絵が変わります。


スズメくらいの大きさの小鳥は特に識別が困難です。わずかな違いで別の名前が与えられていることがこの書籍を見ると分かります。


判定に至るまでのフローチャートです。ただ、顔の特徴だけだと幼鳥などは最終的に「どっちなんだろう」と悩むことが多いので、幼鳥の特徴や成鳥でも胴体と尾のイラストも欲しかったです。

とりあえず、写真だけの野鳥辞典よりは識別がしやすくはなりました。



関連エントリー