朝と昼の桜散歩で「X-T20 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM」を試す

今年は自転車旅どころか撮影旅行にも行けないため、「桜」の時期に間に合うように大量に購入した機材の出番があまりありません。せっかく購入した機材ですから、せめて撮影散歩だけでも楽しみます。

撮影機材
・FUJIFILM X-T20
・Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM

4月7日

まずは朝の散歩です。


「3936px × 2624px」にリサイズしてから「800px × 800px」分を切り出し。


「3936px × 2624px」にリサイズしてから「800px × 800px」分を切り出し。

次に昼の散歩です。


例年ならこの辺りの桜は同じように開花して同じように散っていきますが、今年は木によってタイミングが違うようで、桜を結構長い期間楽しめます。


この品種もいつもなら満開になっているのですが、開花が進まずこのまま散ってしまいそうです。


「Voigtlander NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM」は完全に逆光でも破綻しないため、このような写真を撮ることができます。


何か面白いものはないものかと探してみました。


ピクセル等倍切り出し。街灯の中がミラーワールドになっています。

タグ: ,



関連エントリー