西山公園のバラ園の見ごろはもう少し先

今年はバラの開花も早いため、もしかしたら地元のバラ園もGW期間中に見ごろになるかもしれません。

5月5日


さっそくいつもの逢妻女川の遊歩道を北上して西山公園に向かいます。

撮影機材
・FUJIFILM X-T20
・FUJIFILM XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

全てJPEG撮って出し


今日は気楽に撮影したいため「X-T20 + XF18-135mm」ですが、1枚目の撮影から「?????」になりました。なんとシャッターボタン半押しでAFが機能しません。とりあえずこの辺かなとフレーミングして全押しするとピントが合ってカシャとなります。何もいじっていないのに突然の妙な挙動です。メニューを開いて設定を一通り確認しても原因不明。


自粛ムードのためか遊歩道を歩いている人たちの人数はいつもの10倍くらいです。「どこにも行けないので近所を散歩」の人たちが多そうです。


壊れた花時計は解体されずに綺麗な花壇は維持されています。この花壇は今が見頃です。


さて、西山公園のバラ園ですが残念ながら蕾が目立ちます。


いっきに開花するわけではなく徐々に開花していくような雰囲気ですので、まだ2週間くらい楽しめそうです。


さすがに今日はベンチで休憩する人は極わずかです。


遠くからも見えた大きな木は、藤の花ではないようです。


すでに随分と花が落ちていますが、さてこの花は何でしょうか。


再びバラ園です。換算で200mm相当のレンズを使えば、背景に遠くのバラをもってくることができるので、それなりに撮影を楽しめます。


これぞフジカラーマジックという雰囲気の一枚です。実物はこんなに綺麗ではありません。


「XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」は寄れないレンズですので、マクロっぽいことはできません。テレ端で狙ってこの大きさが限度です。

冬から短期間で夏になってしまったように今日は暑い日になりました。わずか2時間30分の外出で日焼け跡が酷いです。

本日の走行距離は28kmでした。

タグ: ,



関連エントリー