« 2002年06月 | メイン | 2002年08月 »

2002年07月 アーカイブ

2002年07月03日

EXILIM出張編「海浜幕張」

EXILIM出張編「海浜幕張」

EXILIMを携帯して出張に行きました。この大きさ軽快さなら、いつもポケットに忍ばせておけるので、シャッターチャンスを逃すこともないでしょう。

>> 続きを読む



2002年07月05日

出張報告「N+I 2002」

出張報告「N+I 2002」

展示会、セミナーを通してのキーワードをいくつか挙げると「ブロードバンド」「モバイル」「無線LAN」「IP電話」「IPv6」「RTC(リアルタイムコミュニケーション)」「セキュリティ」であるが、「ブロードバンド環境で何ができるか」が供給する側のテーマであり、その反面「ブロードバンド環境が必要なのか」が使う側の意見であろう。「ブロードバンド環境」でなければならないという状況にまだなっていないのが現状であり、「ブロードバンド環境」を必須にするためにはどうしたら良いのかを模索しているのではと感じられる。

>> 続きを読む



2002年07月07日

耳をすませば

耳をすませば

「耳をすませば」には、ジブリの他の作品のような“奥の深さ”や“自然との調和(共生)”といった難しいテーマはありませんが、主人公“月島雫”(中学3年生)の精神的な成長を描く人間ドラマは観ていて安心します。ハデな戦闘シーン、子供ウケしそうなキャラ、マニアウケする宮崎演出、スケールの大きい演出、複雑なストーリー、そのようなものがいっさいなくても質の良い作品を作ることができるのも宮崎さんならではというところでしょうか。それは「おもひでぽろぽろ」にも通ずるものがあります。

>> 続きを読む



EXILIM「画質を比較する」

EXILIM「画質を比較する」

近所の景色をEXILIM、C-100、C-1400XLの3機で撮影しました。

>> 続きを読む



2002年07月10日

眠い&暑い

眠い&暑い

とっても眠いです。「朝5時に起きなきゃ」と台風のせいで窓を締め切って寝たため「暑ぐるしい」で何回も目覚めてしまいトータルで3時間くらいしか寝ていない。とにかく眠い。

>> 続きを読む



2002年07月11日

めちゃめちゃ暑い

めちゃめちゃ暑い

セミナー開始時刻までに、余裕があったので、新宿御苑と明治神宮を観光しました。さすがに空いていましたが、数少ない観光客はすべて外人さん(中国、韓国?)でした。

>> 続きを読む



2002年07月12日

地域性?

地域性?

今日のセミナー会場には、徒歩で行けないこともないが50分は掛かるであろう。気合を入れて歩き始めたがやはり5分ほどで汗だく。諦めて、タクシーに乗ることにしたが、、、。

>> 続きを読む



EXILIM出張編「新宿~東京」

EXILIM出張編「新宿~東京」

二泊三日の出張の合間にプチ観光をしました。

>> 続きを読む



2002年07月13日

CRMフォーラムとアウトソーシング

CRMフォーラムとアウトソーシング

「CRMフォーラム」は非常に有意義なセミナーであった。今までなんとなく感じていたがそれが何なのかはっきりしない事柄があったが、今回の数多くのお話しを聞くうちにそれが何なのか明確になってきた。

>> 続きを読む



2002年07月14日

水の都の護神

水の都の護神

過去の作品に比べてシナリオ構成が随分と良いです。今まではなんとなく始まり、いきなりドンパチ、ちょっと静かになったと思ったら、いっきにクライマックスへという展開でしたが、今作品はそのようなことはありません。かといって、観ていて疲れるということも眠くなるということもありません。

>> 続きを読む



2002年07月15日

PIAFS(ピアフ)

PIAFS(ピアフ)

K君が設定してくれたおかげで、社内のメールを出先から見ることができるので、とても重宝している。先週、メールの受信が上手くいかなかった理由は、たんなるコツの問題でした。CE機の場合、ブートさせるという手順がないから、PCとはちょっと扱いが違い、それがコツとなるようです。PIAFS (ピアフ)ですから使える地区が限定されるようですが、私が出張するエリアなら問題なく使えています。試しに新幹線の中でもやってみましたが、上手くいきました。

>> 続きを読む



2002年07月16日

プロジェクトマネジメント・サミット2002

プロジェクトマネジメント・サミット2002

プロジェクトマネジャという職種は、SEが仕事を通して経験を積み、年齢ともに「リーダー」を経て「マネジャ」へと個人の力量で進化していくものだと思っていたが、今回のセミナーの話を聞く限り、それは間違った認識であるようだ。

>> 続きを読む



2002年07月17日

Zカー

Zカー

4月に放送された「プロジェクトX~挑戦者たち~『運命のZ計画』」の元ネタじゃないかと思われる本です。天下のNHKがパクッたか?本の内容は「プロジェクトX」とは違い、片山豊氏、日産、ゴーン氏、Zカーの本筋、などZカーにまつわる幅広いそして奥深いドキュメンタリになっています。

>> 続きを読む



2002年07月18日

IT Japan2002

IT Japan2002

今回のセミナーを通しての共通するキーワードは「経営戦略とIT戦略」「経営ビジョン」「危機感」であった。結局のところ、経営陣が経営ビジョンを明確にして、全社員に方向性を示し、会社がどこにどのように行くのか、はっきりさせることが一番重要である。

>> 続きを読む



2002年07月19日

世界最高のレーシングカーをつくる

世界最高のレーシングカーをつくる

この本を読むと林氏が根っからの技術者であることが分ると共に、日産衰退の要因みたいなものが分ります。「技術の日産」を支えていたのは陽の目を見ることがない研究熱心な技術者であり、その技術者たちの情熱を経営陣が理解していない。経営側の人達は所詮は単なる経営者。あの日産の栄光の日々は右肩上がり景気に乗り、技術力だけで支えていただけ。バブル崩壊後、経営力が求められる時代になれば景気と同じように企業も衰退する。

>> 続きを読む



2002年07月20日

千と千尋の神隠しDVD

千と千尋の神隠しDVD

さっそく観ましたが、うーん、やっぱり大スクリーンが欲しくなっちゃいました。「千と千尋の神隠し」はテレビ画面サイズの作品ではないとあらためて実感。数多くある映画の中で「大スクリーンで観たい」と思わせるような作品ってあまりないのですが、「千と千尋の神隠し」は大スクリーン向けの作品です。

>> 続きを読む



オートギャラリー東京2002

オートギャラリー東京2002

東京出張のついでに自腹で宿泊して、夜はMさんとミニオフ会をしました。そして、翌日は「オートギャラリー東京2002」へ出撃。が、期待していた「オートギャラリー東京2002」は、予想に反して小規模なイベントでした。2時間ちょっとで撤収して早々と帰宅。

>> 続きを読む



2002年07月21日

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

中国はアジアの製造業、賃金が安いから日本の企業が製造拠点を中国に移し、安く作り日本で売る。消費者は日本企業の名が付く中国製品を買う。安く買えるからそれでいい。そのような考えではますますデフレスパイラルから抜け出せません。一部の企業が利益を出すために生産拠点を中国に移管しているだけ。そのために日本国内での職が減る。企業は製造部門を切り捨てるのではなく、日本国内で製造しても利益を出す努力をすべき。

>> 続きを読む



2002年07月22日

WIRELESS JAPAN 2002

WIRELESS JAPAN 2002

今回の展示会は「モバイル」と「ワイヤレス」に限定されたものであるため、会場スペースは狭いものであった。しかし、入場者数は非常に多く、モバイルへの関心の高さが窺えた。

>> 続きを読む



2002年07月23日

ようやく来ましたか

ようやく来ましたか

今日、ついに来るべきものが来ました。来てくれるまでに随分掛かりました。何がって、それは「クラッカーさん」です。

>> 続きを読む



2002年07月24日

ドリブン

ドリブン

舞台は“CART”。才能ある若手ドライバーのジミーがスランプに陥ったとき、チームオーナーであるカールが呼び寄せたのはかつての相棒“ジョー”であった。カールはジョーにジミーの当て馬の役をさせるのだが、ジョーはそれに反発する。ジョーはジミーに過去の自分をオーバーラップさせ“ジミーを育てる”ことを決意。次第にジミーはジョーに心を開き、、、というのがこの作品の本筋です。迫力あるレースシーンや市街地を爆走するマシン、そして古臭い人間ドラマといった映画としては完成された作品だとは思いますが、作品全体の評価としてはイマイチです。CGに頼りすぎているのもダメ。

>> 続きを読む



2002年07月25日

ワイルド・スピード The Fast and the Furious

ワイルド・スピード The Fast and the Furious

冒頭、トラックを襲撃する黒いインテグラ軍団登場!。シーンは替わり主人公らしい人物(ブライアン)が緑のエクリプスに乗り登場。話はちょっと進み、ブライアンは深夜開かれる公道ドラッグレースに顔を出す。そしてボス的存在のドミニクに挑戦するが惜しくも負ける。このバトルシーンは非常に迫力がある。「ニトロパワー炸裂!」ってアメリカ人らしいというかアメリカ人好みの演出だと思う。

>> 続きを読む



2002年07月27日

ターンA ガンダム 地球光/月光蝶

ターンA ガンダム 地球光/月光蝶

ガンダム誕生20周年記念作品らしいことと、富野監督が初代ガンダム以降の作品を根底から否定し続け、ようやく作りたかった作品を作ることができたのが、この「ターンA ガンダム」らしいという程度の何も知らない素の状態で観てみました。

>> 続きを読む



トゥームレイダー

トゥームレイダー

テンポ良くストーリーが進行していく、観てて気持ちが良いアクション映画です。最初から最後まで続く主人公のハデなアクションシーン。謎解き部分などほっといて気楽に観賞できる作品だと思います。ララ・クロフト役のアンジェリーナ・ジョリーの体当たりな演技は一見の価値あり。

>> 続きを読む



2002年07月28日

キャッツ&ドッグス

キャッツ&ドッグス

掛け値無しの面白い作品です。特にイヌ派の人なら観るべし。ネコ派の人も「ネコだって可愛いよ」と心大きく持ち観ましょう。ぜったい観て損はないです。

>> 続きを読む



About 2002年07月

2002年07月にブログ「新人類世代のオヤジ日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2002年06月です。

次のアーカイブは2002年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


track feed