2019年12月12日

7人の作家による短編集「猫が見ていた」

表紙の写真に釣られてポチッした「猫が見ていた」は7人の作家による短編集です。「小説はいっきに読みたい」「でもいっきに読むだけの時間がない」という場合は短編集がちょうど良いです。

続きを読む

2019年12月10日

猫カレンダー目当てで「週刊朝日」も購入

昨年同様に猫カレンダー目当てで「週刊朝日」も購入しました。「1冊丸ごと猫号」と書かれていますが、ざっくりでページの半分くらいが猫に多少なりとも関わる記事でしょうか。

続きを読む

2019年12月7日

居酒屋で愚痴るおじさんたちにお勧め「税のタブー」

年末になると居酒屋などで「サラリーマンだけキッチリ税金を取られるので不公平だ」と愚痴るおじさんたちへの回答ともいえる不公平さのお話です。いっきに読むには疲れるので、各章ごとに時間をおいて読んでも良いです。

続きを読む

2019年12月4日

提案型情報誌「旅と鉄道」

「旅と鉄道」がちょっと特殊なのか『「旅と鉄道」のムック本』と『「旅と鉄道」の増刊号』が不定期に発刊され、特集記事目的ならば隔月号を買っていくよりもお得感があるのです。といっても隔月号も特集記事だらけというパターンもあるため、買おうか迷うことも多いです。

続きを読む

2019年12月3日

今年も猫カレンダー目当てでポチッ!

昨年同様に「岩合光昭さんネコカレンダー」を目当てにアサヒカメラの12月号を購入。

続きを読む

2019年12月1日

カメラ片手に秋の散歩道

自転車旅、歩き旅、撮影旅行には“オフシーズン”というものはないのですが、なんとなく現在は“休養期間”という雰囲気です。といっても近場のウォーキングなら何の準備することなく思い付きでできるため、墓参りのついでに1時間30分ほど撮影散歩です。

続きを読む

2019年11月30日

「ポチらせる文章術」をポチッた

自分のブログは自分のために書いている日記みたいなものですので、「ポチらせる」を意識する必要性はないのですが、10数年間も会社のWebサイトの面倒を見ている立場としては「ポチらせる」を多少なりとも気にする必要があります。

続きを読む

2019年11月29日

ディープな旅行記「旅作家が本気で選ぶ! 週末島旅」

書籍の紹介文から想像すると「日本中の島々を旅してる著者が厳選した10島を紹介」という観光ガイド本かと思えてポチッしたのですが、観光ガイド本ではありません。離島ブームですので、その手のガイド本は大量に存在するため、「小林希さんならでは」という構成の書籍です。

続きを読む

2019年11月28日

今回は共感を持てた「うちの子が結婚しないので」

「うちの子が結婚しないので親が代わりに結婚相談所に通って相手を見つけます」という内容の小説です。「結婚しない人が増えている」を題材とした社会情勢を語る著書ではありません。少し前までの世代なら、「結婚するのが当たり前」という義務感ではなく「結婚するのが普通」という社会でした。20代後半、遅くても30代前半に結婚、50台半ばくらいには子供が独立して、そろそろ孫かなという時代でした。

続きを読む

2019年11月23日

「共感マーケティング」の書籍

『影響力を数値化 ヒットを生み出す「共感マーケティング」のすすめ』の冒頭でいきなり「インスタグラムが一番良い」と断言されているので読むのをやめようかと思えましたが、「これからのこと」「SNS時代に何が必要なのか」のヒントが少しでもあればと最後まで読みましたが、「インスタグラムを活用している人たちの世界での共感マーケティング」という枠組みでの具体例の解説でした。

続きを読む