« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月 アーカイブ

2016年05月01日

藤の花とカキツバタ2016

藤の花とカキツバタ2016

GW期間中の「花」といえば、“藤の花”、“カキツバタ”、“ツツジ”、“芝桜”でしょうか。ツツジと芝桜については“広大な”という形容詞が付かなければ“絵”にならないため、今回はパス。近場で藤の花を楽しめる場所を巡回します。過去に自転車で何度も訪れていますが、それだけでは面白みに欠けるため新規開拓します。

>> 続きを読む



2016年05月02日

辞書のような「働く人のための精神医学」

辞書のような「働く人のための精神医学」

「更年期障害かも!!」と心配になって、和田秀樹(著)「男も更年期で老化する」を読んでみましたが、どうやら微妙に違うようです。ダン・ニューハース著「不幸にする親 人生を奪われる子供」に書かれていることが根本にあるよう思えるのですが、もう少し勉強してみます。

>> 続きを読む



2016年05月03日

50歳過ぎたら“まったり”過ごしましょう

50歳過ぎたら“まったり”過ごしましょう

自転車遊びに80%ほど費やしてきた余暇の過ごし方をそろそろ変えていきます。ざっくりと、自転車、車、ウォーキング、読書、映画鑑賞、家の事で6等分でしょうか。最近は何故か「何もする気にならない」ことが多く、そういう時に読書しても頭に入ってこないため、受け身の姿勢でもなんとかなる映画鑑賞が最適です。何かしらの刺激を受けることもあります。

>> 続きを読む



2016年05月05日

御作の藤棚と小渡の風鈴寺

御作の藤棚と小渡の風鈴寺

GW期間中の花撮影を絡めたサイクリングは藤岡地区の「御作の藤棚」でしょうか。予定ではGW前半で行くことにしていましたが、あまりにも強風過ぎて「やーめた」となりましたが、GW最終日がサイクリング日和にもなっているため、途中で引き返すかもしれないつもりで出発。

>> 続きを読む



2016年05月06日

40歳過ぎたら『「まじめな人」ほど老化する』を参考に

40歳過ぎたら『「まじめな人」ほど老化する』を参考に

和田秀樹氏の「男も更年期で老化する」を読んでみたところ、著者の経歴ゆえか「専門家が語る」ではなく、著者の体験をベースに「こうした方がいいですよ」という流れで語られるためアドバイザー的な内容になっています。そこで「更年期で老化する」の前段階にあたるであろう書籍も購入してみました。

>> 続きを読む



2016年05月07日

片付けの元祖本「新 ガラクタ捨てれば自分が見える」

片付けの元祖本「新 ガラクタ捨てれば自分が見える」

片付けのカリスマ教祖様が何人もいて、片付けのノウハウを伝授することが商売になっている人たちもいます。何事も需要と供給のバランスですから、求める人がいれば教える人もいるわけです。個人的にはセミナーに参加するほどのことではないと思うのですが、“先生”の話を聞くことに価値があると考える人もいますので、否定はしません。

>> 続きを読む



2016年05月08日

小堤西池のカキツバタ2016

小堤西池のカキツバタ2016

一時は絶滅しかけた小堤西池の天然のカキツバタ(国の天然記念物)ですが、保存会の努力の賜物なのか見事に復活したようです。ボランティアで保存会の皆さんが、カキツバタ観賞ミニツアーガイドをされていますが、今年は妙に気合が入っているようです。私は静かに観賞したいため、さりげなくスルーしましたが…

>> 続きを読む



2016年05月09日

『なぜ、その考え方が「いいこと」を招くのか』を読んで気を付けましょう

『なぜ、その考え方が「いいこと」を招くのか』を読んで気を付けましょう

起きたことをその人がどのように捉えるかで一見「悪いこと」でも「良いこと」であるかもしれません。どう考えても「悪いこと」もありますが、グレーゾーンなら「良いこと」だと思うことが大切。

>> 続きを読む



2016年05月10日

入門編「50歳からの人生を楽しむ老後術」からどうぞ

入門編「50歳からの人生を楽しむ老後術」からどうぞ

この書籍の著者も「精神科医」です。仕事柄、いろんな患者を診てきた精神科医ゆえに書くことができるということでしょうか。その辺が単なる理想論や根性論を語る啓蒙本とは違う点です。

>> 続きを読む



2016年05月12日

急がずにまずは「家づくりの教科書」で勉強

急がずにまずは「家づくりの教科書」で勉強

間取りを先に決めてしまうと、それが制約になってしまうことも事実です。今住んでいる家も建ててから「ちょっと違ったかも」という点がいくつも出てきたため、自分が建てる家の時はもう少しじっくり考えることにします。

>> 続きを読む



2016年05月15日

西三河のバラ園巡り2016

西三河のバラ園巡り2016

今年は「花」の当たり年なのか、いずれの花も綺麗に咲き誇っているようです。その流れなのか、豊田市の西山公園のバラ園も綺麗に咲いていることが新聞に掲載されていました。西三河地区のバラ園は全部で4か所あります。それらをぐるっと周るとちょうど良い半日コースになります。

>> 続きを読む



2016年05月16日

どうやら「主体性侵害型の適応障害」のようだ

どうやら「主体性侵害型の適応障害」のようだ

更年期障害の症状に似ている気がして「男も更年期で老化する」を読みましたが、更年期であっても更年期障害ではなく、「不幸にする親 人生を奪われる子供」を読んで、生まれ育った環境の影響が年をくっても残り続けることが分かり、「働く人のための精神医学」で遺伝面も含めて人それぞれにパーソナリティがあることが分かりました。しかし、ここまで読んでもまだ解決しません。ここでふと思ったのが「適応障害」というキーワード。

>> 続きを読む



2016年05月17日

「自分は自分 人は人」は諸刃の剣です

「自分は自分 人は人」は諸刃の剣です

ちょっとした家庭内不和で悩んだ先月、和田秀樹氏の「夫婦という病:夫を愛せない妻たち」を読んだことで、そこから怒涛の読書ラッシュが続いています。和田秀樹氏の書籍は“読みやすい”こともあって、「難しい本はちょっと…」と敬遠したがる人には適しています。

>> 続きを読む



2016年05月19日

撮影旅行の参考に「日本の広い風景」

撮影旅行の参考に「日本の広い風景」

とりあえず、したかったことは達成できたため、今後はもう少し違う楽しみ方をしていきたいと考えていますが、性格的に「行き当たりばったり自由気ままに」ができないゆえに、「そのように過ごすスケジュール」を組むことになるかと。そろそろ来年のためにネタ集めに取り掛かることにしました。

>> 続きを読む



2016年05月20日

E-PL7で野球撮影

E-PL7で野球撮影

久しぶりの野球観戦、手ぶらで良いかと思ったものの、せっかくの「G vs D」ですから、それなりに撮ってみたくなります。ただ、合間合間に撮るだけですから大げさな機材はいりません。といっても大げさな機材は処分してしまったので残された機材を使ってやれることをやるだけです。

>> 続きを読む



2016年05月21日

久しぶりに「自転車と旅」が発刊されたけど

久しぶりに「自転車と旅」が発刊されたけど

自転車旅を扱う雑誌は、隔月刊誌や季刊誌どころか定期刊行物すら壊滅状態にあります。今回の健康ブームから始まったと思われる自転車ブームでも、“自転車旅”という趣味は定着しなかったのかもしれません。しばらくは“イベント”という位置づけで、自転車を楽しむ人たちは残っていくと思いますが、“自転車で旅をする”を趣味にする人たちは今後も超少数派であることは間違いないようです。

>> 続きを読む



2016年05月22日

「ハラハラドキドキのドライブ」の第二弾

「ハラハラドキドキのドライブ」の第二弾

自分で運転しなければいつまで経っても上手くなるわけは無く、ゆえに独りで出掛けることも躊躇うのかもしれません。まるで「卵が先か?鶏が先か?」みたいなもので、「自分で運転して独りで出掛けることができないので、車で出掛けない」では、いつまで経っても車で出かけることはできません。ある程度は運転できるようになるまで、出かけることを控えて、「車の運転に慣れること」に時間を割り当てるべきでしょう。

>> 続きを読む



2016年05月23日

「アドラーの心理学」は気になりますか?

「アドラーの心理学」は気になりますか?

今になって何故か大ヒットしている「アドラー」ですが、その要因は「青年と哲人の対話」という一般受けしやすいようにアレンジした読みやすい「嫌われる勇気」にあるようです。難解な話をいかに一般向けにアレンジするのかが伝承者の務めかもしれませんね。13年前に読んだ「デイル ドーテン(著) 仕事は楽しいかね?」に通じるものがありますが、どちらかといえば「嫌われる勇気」の手法は「仕事は楽しいかね?」のパクリではないのかとさえ思えます。

>> 続きを読む



2016年05月24日

自動車税が9000円だった

自動車税が9000円だった

自動車税納付書が届くと「もう1年経つのか」と変な気づきがあるもので、昨年まではアルテッツァだったので納付額は39500円でした。今年からはデミオD(1500cc車)だから34500円になりますが…

>> 続きを読む



2016年05月25日

「歎異抄」の初級編か

「歎異抄」の初級編か

「無宗派です」と言い切れるほど宗教とは無縁の私ですが、うちの家系は浄土真宗本願寺派(西本願寺)ですから、法事の時になると「そういえばそうなんだ」と改めて思うこともあり、昨年末の親父の葬儀から四十九日供養までの期間は、“しきたり”みたいなものを少しばかりは勉強しました。

>> 続きを読む



2016年05月26日

超初級編?「まんがでわかるアドラー勇気の心理学」

超初級編?「まんがでわかるアドラー勇気の心理学」

初級編に相応しいテキスト「アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)」を読みましたが、『第1回 人生を変える「逆転の発想」』『第2回 自分を苦しめているものの正体』『第3回 対人関係を転換する』については、納得できない事柄もありますが、それなりに理解できました。しかし、『第4回 「自分」と「他者」を勇気づける』がどうしても理解できません。そこで、もっと分かりやすい表現をしている書籍を読むことにしましたが、今の世の中で「分かりやすい」といえば漫画です。

>> 続きを読む



2016年05月27日

久し振りに自転車用品(サイクルキャップ)

久し振りに自転車用品(サイクルキャップ)

冬場は防寒対策、夏場は汗取り目的でサイクルキャップを1年中常用しているため、複数個をローテーションで使っているとはいえ、品質の差なのか、劣化具合にばらつきがあります。

>> 続きを読む



2016年05月28日

劇場版を観ると「ガルパンはいいぞ」ですね

劇場版を観ると「ガルパンはいいぞ」ですね

自転車ムック本に聖地巡礼ネタで「ガールズ&パンツァー」が取り上げられていて、その記事を見て初めて「ガールズ&パンツァー」というアニメの存在を知りました。

>> 続きを読む



2016年05月29日

2軍の試合は面白いのか?

2軍の試合は面白いのか?

今日はオリックス戦がある蒲郡球場まで娘の運転でドライブですが、流れが良い道を選べばなんとかなりますが、片側2車線で車線変更する時などは、まだまだ不安感があります。“メリハリ”を身に付けるにはもっと経験が必要。さらに駐車が「なんでこうなるの?」という雰囲気。

>> 続きを読む



2016年05月30日

「るるぶ ガールズ&パンツァー」は気合が違います

「るるぶ ガールズ&パンツァー」は気合が違います

日本一周の後の遠征は時間に余裕をもったスケジュールを組むことができているため、聖地巡礼ネタを組み込む時も時間を掛けて楽しむことができそうです。そこで、今後の遠征ネタとして購入したガイド本は…

>> 続きを読む



2016年05月31日

「マンガ 歎異抄入門」は分かりやすいのか?

「マンガ 歎異抄入門」は分かりやすいのか?

分かりにくい「歎異抄」をもう少し理解したいため、探してみたところ漫画版があることが分かったため購入しました。

>> 続きを読む



2016年5月のつぶやき

2016年5月のつぶやき

日記ネタにならない(していない)“つぶやき”を転記。

>> 続きを読む



About 2016年05月

2016年05月にブログ「新人類世代のオヤジ日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年04月です。

次のアーカイブは2016年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


track feed