メイン >> フォト日記  花・鳥・風景・風物詩 

デンパークのロマンチッククリスマス2003

今夜はイルミネーションの第二弾としてデンパーク冬季イベント「ロマンチッククリスマス」を撮りに行きました。前回の撮影後に「なんでかなぁ」と悩み、そして閃いた秘策を試すのが今回の課題でもあります。

肉眼で見た景色と“デジカメ”で撮った写真を比べると随分と印象が違うものです。E-1で撮ったトヨタスタジアムの写真を見ながら、ふと感じた事、それは「デジカメだとくっきり綺麗に撮れ過ぎる。肉眼だとこんなにはっきり見えない。」です。性能が良いカメラほど真実を写してしまうもので、肉眼で見た場合の曖昧さとの差が広がるために「印象が違う」となるわけです。特に近眼の人ほどその傾向は強いと思います。光源がボヤッと見えたほうが電球というモノではなく、光を見ている感じがして「良い感じ〜」となっているハズです。そしてメガネが多少汚れていると肉眼で見ても「クロスフィルター」が掛かっているように見えるので、ますます綺麗に感じてしまうのです。でも一番の要因は「その場の雰囲気」だと思うのですよ。実物を見て「あー綺麗だなー」と感じた瞬間の印象は強く心に残るもの。

ならば「雰囲気」を作り出せば良いのではないのか、それが真実である必要はないと閃いたわけです。


今回の雰囲気作りの為に用いた方法は「スノ−クロス」と「ソフトンスペックB」の合わせ技です。クロスフィルターは定番中の定番ですが、これだけだと雰囲気作りには欠けます。そこでソフトンスペックを使うことでピントの芯を残しながら全体的にボヤッとさせ神秘さを出させます。

「これで完璧!!」か?

いえいえ、これだけでは雰囲気が伝わりません。イルミネーションを撮りながら「なーんかつまらないなー」と感じてしまいます。撮った写真はそれっぽくは見えますが、「撮りたいのはガイドブックの写真じゃないんだからさ」と思ってしまうのです。

試行錯誤しながら撮った約90枚、なんとなく私が求めているイルミネーションの方向性が分ってきました。

撮影機材: OLYMPUS E-1

※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)

一つ前のエントリーは「走り回る被写体には「サッカー」」です。
次のエントリーは「さよならE-20」です。


人気ブログランキングへ  オヤジ日記ブログ
同じカテゴリー内の最新記事10件

About

アクセスランキングリスト 1000PV

過去3か月間の人気記事ランキング

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページアクセスランキングリストもご覧ください。

(ご注意)この日記は“9代目”の「きまぐれ日記」です。テンプレートなども新しく用意したため、過去のMovableTypeに関するエントリーの内容と多少の変更点があります。ご了承ください。

写真館 : 青空写楽
自転車 : ミニベロおやじ
趣味以外の過去の日記
Webサイトの制作と運用など
映画やドラマの感想

閲覧数: 429


撮影サイクリング用に「OLYMPUS PEN E-PL7」を購入しました。
ロングライド用に「STYLUS TG-850 Tough」を購入しました。
観光サイクリング用に「CANON PowerShot G9X」を購入しました。

月別アーカイブ